新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、トライボテックスと業務提携

損保ジャパンとトライボテックス株式会社は、船舶の機関故障に関わる予兆検知技術から得られる研究成果を活用した新たな保険サービスの開発・販売に関わる共同研究を開始する。
1.提携の背景・目的
近年、船舶の大型化に伴い、重大な海難事故のリスクが増加しており、経済損失防止および自然環境保護の観点からも安全な運航には、より一層の対策が求められている。
海難事故における保険金請求の約半数は機関故障によるものとされており、機関故障の防止に向けて更なる予防策の必要性が高まっている。
そのため、損保ジャパンは、機関の潤滑状態や油の劣化・汚染状態の分析・評価・診断・対策立案において高い技術と経験を有するトライボテックスと業務提携し、海運業界における安心・安全の実現を目指す。
2.提携の概要
現在、損保ジャパンは「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスを提供し、社会に貢献」するというグループ経営理念の実現に向け、これまで蓄積してきた事故データと最先端の技術を活用して事業展開を進めている。具体的には、トライボテックスの潤滑油診断技術によりタイムリーに機関の状態を監視し、機関故障に繋がる突発的な異常を捉え、海難事故が発生する前に対応できる体制構築をサポートするものである。さらに、予兆を検知したことに起因して発生した対応費用を損保ジャパンの船舶保険で補償することにより、高額な損害発生の抑制に貢献することを目指す。
本提携を契機に、トライボテックスの潤滑油診断技術を活用した新たな社会価値の創造として、従来の船舶保険とは発想を変えた「予兆を検知したことに起因して発生した対応費用」をカバーできる商品開発を行うことで、機関故障を防止し、海の安全を確保することに取り組んでいく。また、機関故障によって生じる物流停滞と自然環境への影響を未然防止することで、Wellbeingな社会の実現を後押しする。
3.今後について
今後、両社は共同で機関の故障に関わる予兆検知技術とそれを基にした保険商品や付帯サービスの開発および販売を行うことで、船舶の定期点検時期に係わらず、タイムリーな状態監視により大きな機関故障が発生する前に適切に対応を行える環境を構築し、安心・安全な海の航行実現に寄与することを目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、NeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携

損保

損保ジャパン、「産学官連携によるスポーツと農業を取り入れたワーケーション」に関する研究報告

損保

損保ジャパン、【国内初】物流の2024年問題に対応した新補償開発

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、SOMPOビジネス、自動運転サービスの社会実装に向けたソリューションの提供開始

損保

損保ジャパン、「移動支援サービス専用自動車保険(地域の移動を支える保険)」の対象事業者を拡大

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画を提出

損保

損保ジャパン、「3.11ふくしま追悼復興祈念行事キャンドルナイト」へ協賛・参加

損保

損保ジャパン、【業界初】中小企業向け新商品~事業活動総合保険に新補償~

損保

損保ジャパン、個人用火災総合保険(携行品損害特約)の保険料誤りが判明、順次保険料を返金

関連商品