新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコムホールディングス、【能登半島地震におけるペット救援募金】で約2,500万円を寄付

アニコムホールディングスは、『能登半島地震におけるペット救援募金』(2024年1月10日~2月29日、以下本プロジェクト)を通じて、皆さまからの寄付金と、同社グループからの200万円、また同社グループ社員からの寄付とあわせて、合計24,955,224円を2024年3月8日に『令和6年能登半島地震動物対策本部』へ寄付した。
■寄付金の使途について
本プロジェクトの寄付先は、公益社団法人石川県獣医師会(以下石川県獣医師会)の『令和6年能登半島地震動物対策本部』とした。寄付金は、以下の石川県獣医師会の取り組みにおいて、被災したペットと飼い主への支援に役立てる予定である。
●令和6年能登半島地震動物対策本部の取り組み
・被災地におけるペットの健康相談・診療
石川県獣医師会の獣医師が被災地に赴き、ケガや病気をしたペットの診療や、ペットの健康に関する相談を受付。
・被災された方のペットの一時預かり
石川県獣医師会の会員動物病院において30日間の無料預かりを実施。預かりは原則3月末までで、それ以降は後述の保護シェルター等で預かりを継続する予定である。
・支援物資の供給
被災地にペットフードや消耗品、飲用水等を支援物資として提供。
・保護シェルターの設置・運営(設置作業中)
保護シェルターの設置、動物病院における収容が困難になったペットや、一時預かりが終了する4月以降のペットの預かり、保護動物の収容・飼育管理、譲渡など。
■同社の支援活動について
これまでに同社が行っている被災地の支援活動について報告する。
●迷子捜索サポート
ペット災害支援協議会の協議会メンバーである非営利一般社団法人日本ペットサロン協会からの要請を受け、同社所有の「どうぶつ用災害診療車」を貸し出している。ペットを衛生的に管理するためのシャンプーやトリミングといった「ケアグルーミング」を提供するために、避難所などを巡回する目的で使用されている。
3月3日には羽咋郡志賀町の「志賀町立 富来活性化センター」などを巡回し、30頭のペットに対してケアグルーミングが実施された。
●被災者のペットの一時預かり
学校法人国際ビジネス学院と共同で、被災者のペットの一時預かりを行っている。3月29日までにあわせて21頭(犬、猫)の預かりを実施しており、そのうち14頭は現在も継続して預かっている。
●迷子捜索サポート
能登半島地震の影響により迷子になってしまったペットの捜索支援を行っている。3月29日までにあわせて102頭(犬11頭、猫90頭、鳥1羽)の捜索依頼をがあり、そのうち32頭は無事に飼い主と再会できたとの報告があった。
引き続き、被災地のどうぶつたちと飼い主の役に立てるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

損保

アニコム損保、親猫にはない新規の遺伝子変異により筋ジストロフィーを発症したネコの症例を報告

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2024」にブース出展

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保

アニコム、シミックとペットに関する情報の一元管理等に向け基本合意書を締結

損保

イーデザイン損保、能登半島地震発生後100日を機に「そのときクルマに乗っていたら?スクショ防災」特設サイトを開設

共済損保

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

関連商品