新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

JA共済連、令和6年能登半島地震にかかる共済金支払状況等を発表

JA共済連は、被災地域の一日も早い復旧・復興の役に立てるよう、全国規模の広域査定支援体制を確立し、JAと一体となり、迅速かつ適正な損害調査に取り組んでいる。
このたび、2月29日現在の令和6年能登半島地震にかかる共済金支払状況を取りまとめた。
1.建物更生共済における損害調査状況および共済金支払状況(令和6年2月29日現在)
県 名/事故受付件数/調査完了件数/共済金支払件数/支払共済金
新潟県/19,141件/17,882件(93.4%)/10,166件/96.1億円
富山県/25,544件/21,504件(84.2%)/7,060件/48.5億円
石川県/52,014件/37,563件(72.2%)/12,606件/138.9億円
福井県/1,875件/1,652件(88.1%)/1,190件/8.7億円
その他/ 609件/ 518件(85.1%)/320件/2.2億円
合 計/99,183件/79,119件(79.8%)/31,342件/294.4億円
※調査完了件数の( )内は、事故受付件数に対する調査完了件数の割合
2.全国規模の広域査定支援体制・事務処理支援体制の確立
迅速な損害調査・共済金の支払いを実現するため、全国規模の広域査定支援体制を確立し、被災県域の職員に加え、これまでに全国から延べ882名の職員を派遣し、損害調査を実施している。
県名全国からの職員派遣数
新潟県 65名
富山県 289名
石川県 528名
合 計 882名
また、早期に共済金の支払いを完了するため、被災県域に加え、3拠点(全国本部・川崎センター・大阪センター)での集中事務処理支援体制を構築し、調査が完了した事案の支払処理等を実施している。
3.石川県奥能登地域における津波による全損物件への対応【続報】
人工衛星写真や航空写真の情報をもとに特定した奥能登地域の津波エリアに対して、現地調査を行い、津波エリア内における全損区域を判定した。地図情報システム上の契約情報とマッチングを行い、珠洲市および能登町内の計5地区235件の契約物件が全損区域内に存在すると判定し、1棟ごとの調査や契約者の立会いや「罹災証明書」の提出を求めることなく、共済金を支払うことを可能とする。
4.契約者からの声
損害調査実施時に石川県の契約者の方々から、以下の声をいただいた。
・早急に出向いてくれてありがとう。
・隅々まで被害箇所を調査していただいて安心した。
・今回の地震を経験して初めて保障の必要性を痛感した。共済に加入していたので、再建へ進んでいくことができそう。
JA共済連では、引き続き、被害を受けられた組合員・利用者の皆さまに対し、一日も早く安心と共済金を届けられるよう、JAと一体となり事業の総力をあげて取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

生保

大同生命、すべての子どもたちへ平等に学ぶ“チャンス”を提供

共済損保

JA共済連、令和6年能登半島地震で建物更生共済共済金を66,072件、718.1億円支払い

関連商品