新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

損保協会は、2月15日(木)の理事会において、各損害保険会社から拠出される自動車損害賠償責任保険の運用益を活用し、新規8事業を含めた41事業に対する総額17億5,980万円の支援を決定した。
同協会では、1971(昭和46)年から、同運用益を活用して自動車事故防止対策事業や自動車事故被害者対策事業などの多様な分野に対する支援を行っている。
2024年度は、事故当事者や家族等への支援につながるよう、自動車事故被害者対策を中心に取り組むとともに、昨今の交通環境の変化を踏まえて、自動車事故防止対策にもより一層注力することを基本方針としている。事業の詳細は、別紙「自賠責運用益拠出事業一覧」を参照。
なお、自動車事故防止対策においては、自動車事故の防止に貢献する様々な取組みに関して幅広く情報を収集するため、2019年度から公募制を導入し、より社会的ニーズに即した事業・研究に拠出するように努めている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

ソニーフィナンシャルグループ各社、名刺にソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を導入

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

生保

朝日生命、新中期経営計画「ネクストA-『2030年のありたい姿』の実現に向けて-」を策定

生保

大樹生命、中期経営計画2026「全緑前進~お客さまとともに、100周年とその先に向けて~」を策定

生保

なないろ生命、ブランドメッセージ「あきらめないで、いい保険。」を策定

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

はなさく生命、営業開始5周年

生保

T&Dホールディングス、設立20周年記念事業を展開

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生保

第一生命ホールディングス、新中期経営計画策定およびグループ企業理念改定

関連商品