新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、「電動キックボードに関する意識調査」を実施

損保ジャパンは、電動キックボード利用の広がりを受け、「電動キックボードに関する意識調査※」を行った。結果を公表するとともに、電動キックボードに関する保険の情報について案内する。
※本調査における「電動キックボード」とは、定格出力が0.6キロワット以下、かつ、最高速度20km/h以下などの基準を満たす「特定小型原動機付自転車」に分類されるもので、シェアリングサービスや個人所有で利用可能なものを指し。
1.調査実施の背景
近年、電動キックボードはシェアリングサービスの拡大などにより、移動手段やレジャーの一つとして普及しつつある。国も法整備を進めており、2023年7月の改正道路交通法の一部施行によって、電動キックボードに対応する車両区分「特定小型原動機付自転車」が新設された。また、2024年4月には、自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」)において「特定小型原動機付自転車」の保険料区分の新設を予定するなど、急ピッチで対応が進められている。一方、不適切な運転による事故もたびたび発生しており、注目を集めている。様々な社会的な変化が起こる中、多くの方に安全に電動キックボードを利用するため、「電動キックボードに関する意識調査」を実施した。
2.調査結果のポイント
(1)電動キックボードの利用者を見て「危険だと感じたことがある」と回答した方は78.8%にも上り、安全運転の心がけとリスクへの備えが重要であることがうかがえる。
(2)電動キックボードを「使用したことがある」と回答した方は約18%にとどまり、普及に向けては様々な課題があることがうかがえる結果となった。
(3)電動キックボードについて不安なことや使用しない理由としては、「運転ルール・交通規則がわからない」(44.8%)、「自分が転倒しそうで怖い」(42.4%)、「他人(自動車や歩行者等)との接触が怖い」(40.5%)という回答が多く、交通ルールや事故のリスクに不安を抱えている方が多数いることがわかった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、NeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携

損保

損保ジャパン、トライボテックスと業務提携

損保

損保ジャパン、「産学官連携によるスポーツと農業を取り入れたワーケーション」に関する研究報告

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

損保

損保ジャパン、【国内初】物流の2024年問題に対応した新補償開発

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

関連商品