新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

トーア再保険、2023年度社会貢献活動強化月間で各種取組み

トーア再保険は、社会貢献活動強化月間(10月16日(月)~11月15日(水))を設定し、以下を含む各種取組みを実施した。
■被災地支援ランチ/サステナブル・シーフードランチの提供
東日本大震災で被災した東北3県(岩手県・宮城県・福島県)の震災復興支援の一環として、2023年3月から実施している「三陸・常磐ものネットワーク協賛ランチ」を期間中全4回提供した。また、SDGs(目標14.海の豊かさを守ろう)を考慮した施策として、水産資源の保護等のルールに則って漁獲・養殖されたサステナブル・シーフードを使用したランチを期間中全4回提供した。
■復興支援マルシェの開催
東日本大震災への継続復興支援として、4年ぶりとなる復興支援マルシェを期間中2回実施し(岩手県10月27日(金)、宮城県11月13日(月))、両県の地酒や地元銘菓等の特産品を同社1階ロビーにて販売した。多くの役職員が参加し、100万円を超える売上となった。
■役職員による清掃活動
11月6日(月)には、千代田区一斉清掃の日に参加し、役職員15名が当社周辺の清掃活動を実施した。
同社は、企業理念のひとつに社会貢献活動の推進を掲げており、このような取り組みを今後も継続的に進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

生保

オリックス生命、「令和6年能登半島地震」により被災者へ義援金を寄付

関連商品