新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、ビッグモーター社による保険金不正請求の手口の把握・研究について

損保協会は、「保険金不正請求対応」に関する各種取り組みを進めることとしし(9月19日付でニュースリリース)、11月30日、このうち、ビッグモーター社による保険金不正請求の手口の把握・研究について、以下のとおり状況を報告した。
・2023年7月18日付のビッグモーター社による特別調査委員会報告書や、金融庁から報告徴求命令を受領した会員会社においてビッグモーター社による請求内容の調査した結果を踏まえ、不正の類型・手口の事例を取りまとめた。
・この確認結果を踏まえ、不正請求に対する牽制機能の発揮や必要な損害調査の実施に向け、調査手法・態勢の見直しおよび強化等に着手している会員会社の取り組みを基に、自社の取り組みを推進するうえで参考となるよう対策例も取りまとめた。
・同協会は、不正の類型・手口の事例および対策例をすべての会員会社と共有のうえ、会員会社における不正請求に対する牽制機能の発揮や必要な損害調査の実施を促していく。
(※)あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、共栄火災海上保険株式会社、損害保険ジャパン株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日新火災海上保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社(五十音順)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、自賠責保険に関するお客さまの利便性向上と損保業界の業務効率化に向けた取組み状況を公表

損保協会・団体

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を公表

損保協会・団体

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

損保

損保協会、令和6年能登半島地震にかかる共同調査の認定結果を公表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の事故受付が約5万件に

損保

SOMPOホールディングス、一部報道についてコメントを発表

損保

SOMPOホールディングス、一部報道についてコメントを発表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震震にかかる地震保険金の支払い迅速化の取り組み、航空写真・衛星写真を用いた「共同調査」を実施

損保

SOMPOホールディングス、ビッグモーター社による不正事案に関する社外調査委員会の調査報告書受領

関連商品