新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコムホールディングス、「トルコ・シリア大地震におけるペット救援募金」使途を公表

アニコムホールディングスが実施した「トルコ・シリア大地震におけるペット救援募金」プロジェクト(3月1日~4月28日)寄付金について、現地で被害を受けたどうぶつの救助活動や治療といった被災どうぶつ支援に活用されている。
■「トルコ・シリア大地震におけるペット救援募金」の経緯
2023年2月にトルコ南東部・シリアの国境付近で発生した大地震やその余震により、多くの建物が倒壊し、両国での死者数は5万人以上にのぼった。また人間だけではなく、多くのどうぶつたちにも深刻な被害が生じた。
同社では、少しでもどうぶつたちの力になれればとの想いから、被災したどうぶつを支援するための募金を行うことを決定し、2023年5月に皆さまからの寄付金と、同社グループからの200万円と同社グループ社員からの寄付を合わせた約686万円(46,461米ドル)を、IFAW(国際動物福祉基金)に寄付した。
■寄付金の使途について
同社からの寄付金のうち約31,461米ドルが、トルコ最大級の動物シェルター『Angels Farm Sanctuary』支援のために、そして残りの15,000米ドルが、同じくトルコの動物保護団体『Haytap』支援のために使われた。
●Angels Farm Sanctuaryへの支援
Angels Farm Sanctuaryは、トルコ西部の都市イズミルにある動物シェルターである。10月時点で、159種・約5,700頭のどうぶつが保護されている。
同社からの寄付金は、①被災したどうぶつの救助活動やケガの治療、食料の提供、②救助したどうぶつを同シェルターに収容するにあたってシェルターを拡張するための建設費、③救助したどうぶつや食料を運ぶためのトラックの購入等に充てられた。
Angels Farm Sanctuaryは10月までに、今回の地震により被災した約700頭の猫、約100頭の犬を含む合計約1,700頭を救助している。
●Haytapへの支援
トルコの大都市イスタンブールの保護団体であるHaytapは、地震発生後の被災地にて拠点を設置し、被災したどうぶつの救助活動や治療を行っていたが、余震のために救助に使用していた自動車が利用できなくなり、活動の継続が難しい状況だった。そのため同社からの支援は、新たな救助活動車の購入に充てられ、Haytapはどうぶつの救助活動を再開することが可能となった。
IFAWは「皆さまからの寄付により多くのどうぶつの命を救うことができた。温かい支援にとても感謝している」としている。
同社では、すべてのどうぶつとその飼い主が安心して笑顔で暮らせる社会の構築に貢献すべく、今後も尽力していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援、仮設住宅約7500戸へコープ商品寄贈

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

関連商品