新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、サイバー事案に係る被害の未然防止や拡大防止等に向け、警察庁サイバー警察局と連携協定を締結

あいおいニッセイ同和損保と、警察庁サイバー警察局サイバー事案に係る被害の未然防止に向け、官民一体となって取り組むべきとの観点から、2021年9月に閣議決定された「サイバーセキュリティ戦略」において、「サイバー犯罪に関する警察への通報や公的機関への連絡の促進によって、サイバー犯罪の温床となっている要素・環境の改善を図る」ことが掲げられた。
こうした状況を踏まえ、警察庁では、サイバー事案への対処能力の強化を図るため、2022年4月にサイバー警察局を設置し、民間事業者とも連携して、通報・相談促進に向けた気運醸成に向け、社会全体でサイバーセキュリティを向上させるための取り組みを強力に推進している。
一方、あいおいニッセイ同和損保は、サイバーリスクに関する情報収集や商品開発を専門的に担う「サイバー保険室」を2017年に立ち上げ、中小企業向けにサイバーリスク評価やセキュリティサービスの導入支援を行うなど、保険本来の機能である「補償」に加え、被害の未然防止や損害を極小化するサービスを提供している。加えて、全国の警察や地方公共団体と連携し、中小企業向けにサイバー対策セミナーを開催するなど、サイバー事案に係る被害の未然防止に向けた取り組みを積極的に展開している。
今般、警察庁サイバー警察局とあいおいニッセイ同和損保は、両者が有する知見や組織・ネットワークを活かし、サイバー事案に係る被害の未然防止や拡大防止等を目指すため、本協定を締結することとした。
2.本協定の概要
(1)具体的な取組内容
1.被害の未然防止
・サイバー空間の脅威やサイバー攻撃事例の解説等を記載したチラシ等の注意喚起ツールを共同作成し、あいおいニッセイ同和損保が全国で展開する各種セミナーや代理店ネットワーク等を生かして企業・住民などに配布
・あいおいニッセイ同和損保が適切なサイバーセキュリティ対策の普及・浸透に向け、企業・団体向けに開催しているセミナーを、全国47都道府県警察※と共催
2.被害発生時の警察への通報・相談促進
・あいおいニッセイ同和損保のパンフレット等各種ツールに、サイバー事案に係る被害に遭った際、警察へ通報・相談することを順次記載
・サイバー保険の補償対応時、警察へ通報・相談することを、あいおいニッセイ同和損保よりお客さまへ推奨
(2)連携協定内容
①サイバー事案の未然防止、被害の拡大防止等に関する企業等への広報啓発と企業等における取組の促進に関すること
②サイバー事案の被害企業等に対する警察への通報・相談の促進に関すること
3.今後の展開
警察庁サイバー警察局とあいおいニッセイ同和損保は、サイバー事案への適切な対処法を全国各地で普及・浸透させることで、安全・安心な社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、金融庁への業務改善計画書を提出

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会和歌山支部と「健康経営の普及を目指した相互協力・連携にかかる覚書」締結

関連商品