新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、千葉県市川市における everiwa no wa 市川 Action への参画

損保ジャパンは、千葉県市川市(以下「市川市」)とパナソニック株式会社エレクトリックワークス社(以下「パナソニック」)がEV用充電インフラの整備促進および啓発に向けて本日締結する、地域共創プロジェクト「everiwa no wa 市川 Action※1」の協定について、アクションパートナーとして参画する。
損保ジャパンは2022年10月にパナソニックと共同開発した「everiwa Charger Share※2」向けの専用保険を提供する他、損害保険代理店網を活用し、市川市内におけるEVチャージャーホストおよびEVユーザーの拡大に向けて取り組む。
※1 「everiwa no wa 市川 Aciton」は、2022年10月にパナソニックがカーボンニュートラル実現に向けて、新たな価値の創造を目指して設立した共創型コミュニティ「everiwa」の活動の一環である。また、共創により地域課題を解決するプロジェクト「everiwa no wa Action」の第一弾となる。
※2 「everiwa Charger Share」は、EVチャージャーホストとEVユーザーをつなぐ、EVチャージャーのシェアリングプラットフォームである。
1. 背景
2050年におけるカーボンニュートラルの実現に向けて、各企業が個別の取組みを展開するだけではなく、企業間の共創により新たな価値を生み出し、エネルギーソリューションの展開を加速させる必要性が高まっている。
損保ジャパンは気候変動対策として、SOMPOグループ全体で取り組む「SOMPO気候アクション※3」に基づき、クリーンエネルギー促進に資する商品開発など気候変動への取組みを進めている。
また、市川市は2022年10月にカーボンニュートラルシティを表明し、2050年に二酸化炭素排出量実質ゼロに向けて、公用車のEVカー採用等の取組を積極的に進めている。
「everiwa no wa 市川 Action」において、EVチャージャーホストおよびEVユーザー間での充電サービス利用時には物損事故、人身事故、不法駐車等のリスクがあることから、損保ジャパンはパナソニックと共同で開発した「everiwa Charger Share」専用保険を提供する他、市川市のカーボンニュートラルシティ実現に向けて、市川市内のEVチャージャーホストおよびEVユーザーの拡大を目指す。
※3 気候変動への「適応」「緩和」、そして「社会のトランスフォーメーションへの貢献」を通じて、ステークホルダーとともに人と自然が調和した包括的でレジリエントなカーボンニュートラル社会の実現を目指す取組み。
公式サイト:https://www.sompo-hd.com/csr/materiality/topic1/
2. 損保ジャパンの取組み概要
(1)専用保険の提供
①専用保険の概要
保険契約者:パナソニック
被保険者:
・EVチャージャーホスト
・EVユーザー
・パナソニック
※EVチャージャーホスト、EVユーザーによる保険料負担はない。
保険種類 :費用・利益保険
補償概要:加害者不明によるEVチャージャーホストの設備破損等の物損事故、サービス利用中の人身事故や不法駐車に対する弁護士相談費用、レッカー費用などを補償。
※EVユーザーが加入する自動車保険からの支払いを優先する。
引受保険会社: 損保ジャパン
(2)EVチャージャーホストおよび EV ユーザーの拡大
損保ジャパンが持つ損害保険代理店網を活用し、市川市内におけるEVチャージャーホストおよびEVユーザーの拡大に向けて取り組む。
3.今後について
SOMPOグループの「”安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」というパーパス実現に向けて、損保ジャパンは「everiwa no wa 市川 Action」をモデルケースの一つとし、EVの普及を促進するとともに、カーボンニュートラルの実現に貢献する商品、サービスの開発、提供を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

損保

損保ジャパン、第3回SOMPO『ESGセミナー』開催

生保

太陽生命、「太陽生命ラグビー1dayスクールin徳島」に特別協賛

損保

損保ジャパン、北海道の冬道に備える安全運転講習会を開催

生保

第一生命、日本最大のスタジオ対抗ダンスコンテスト「SD.LEAGUE2024」タイトルスポンサーに就任

生保損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、「スポーツエールカンパニー2024」認定取得

損保

SOMPOホールディングス、一部報道についてコメントを発表

損保

損保ジャパン、「電動キックボードに関する意識調査」を実施

損保

損保ジャパン、デジタル技術を活用した交通サービス導入推進を目的とした実証実験に参加

損保

損保ジャパン、「逃げ地図」づくりワークショップの開催について災害に強い地域社会づくりに向けた、北海道大学大学院、日本都市計画家協会との協働

関連商品