新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、MS&ADインターリスク総研、寄附講義「プロジェクトリスクマネジメントII」を開講

東北大学大学院国際文化研究科は、2023年11月1日より、MS&ADホールディングス、MS&ADインターリスク総研の寄附を受けて、寄附講義「プロジェクトリスクマネジメントII」を開講する。
今年度で5回目を迎える本寄附講義は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、グローバル人材の育成や知の創出に資することを目的として開講するもので、MS&ADインシュアランスグループはその趣旨に賛同し、サステナビリティ取組みの一環として協力するものである。
東北大学は、「東北大学復興アクション」と「社会にインパクトある研究」を両輪とする「東北大学版SDGs」を新たな社会連携の取り組みとして位置づけている。
「社会にインパクトある研究」では、持続可能で心豊かな社会の創造のため、持続可能環境の実現、安全・安心な社会の構築などを掲げ、社会連携による多様なセクターとのパートナーシップのもと、SDGsの達成に貢献する。
MS&ADインシュアランスグループは、中期経営計画において、リスクソリューションのプラットフォーマーとして、社会課題の解決に貢献し、社会と共に成長していくことを掲げている。
これは、経済的な損失の補てんに加えて、補償・保障前後における商品・サービスを、さまざまな企業と連携しつつシームレスに提供するとともに、デジタルやデータを活用してリスクコンサルティングを高度化することで、リスクソリューションの領域において、あらゆる解決策を提供できる存在になり、社会と共に成長していきたい、という思いを込めている。
【講義の概要】
1.特徴
本講義では、社会におけるリスクとその対策および持続可能な開発についての理解を深めることを目的に、保険事業やリスクマネジメント理論に加え、SDGsに関するトピックを幅広くテーマとし、大学教員コーディネートのもと、当該分野の専門家やMS&ADインシュアランスグループの役職員がゲストスピーカーとして講義を行う。
2.講義の内容
(1)講義名:「プロジェクトリスクマネジメントII」(集中講義)
(2)担当:東北大学大学院国際文化研究科劉庭秀教授
(3)単位:2単位

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

損保

MS&ADホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

MS&ADホールディングス、2024年3月期の剰余金を配当

損保

MS&ADホールディングス、「UNIVAS安全安心セミナー」に協賛

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

MS&ADインターリスク総研、土砂災害リスク評価マップ「どしゃブル(R)リスク評価マップ」開発

損保

MS&ADホールディングス、舩曵真一郎氏が新社長に

損保

MS&ADホールディングス、なでしこジャパン国際親善試合「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチがんばろう能登~」の開催を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

関連商品