新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、つよやさ基金で3団体へ寄付金を贈呈

三井ダイレクト損保は、社会貢献・サステナビリティ活動の一環として運営している「三井ダイレクト損保つよやさ基金」の2022年度(2022年4月~2023年3月)の投票結果を受け、9月に3団体へ総額321(みつい)万円の寄付金を贈呈した。この基金は2014年度から開始し、今回で9度目の贈呈となる。
これからも同社ではお客さまに「強くてやさしい」*を届ける企業として、事故の未然防止、復旧・復興等を支援する団体を応援する。
同社およびMS&ADインシュアランス グループは、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と掲げ、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を道標として実現に向けた取り組みを進めている。同基金を通じて、SDGsの目標を確実に達成していくとともに、今後も企業活動を通じて社会との共通価値の創造に取り組んでいく。
◆寄付先団体(活動分野、団体名)
交通事故防止 一般社団法人日本カーシェアリング協会
環境保護 認定特定非営利活動法人JUON NETWORK
復興支援 社会福祉法人 中央共同募金会
*「強くてやさしい」とは、三井ダイレクト損害保険株式会社が、お客さまに対して“ありたい人格”を表したもの。「親切で頼りになり、いざというときは守って差し上げられること。」そんな強い思い、決意を表している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

生保

オリックス生命、「令和6年能登半島地震」により被災者へ義援金を寄付

関連商品