新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPO福祉財団、地域の課題に包括的な支援を行う団体に助成を決定

SOMPO福祉財団は、2023年度NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」として、地域住民が主体となって、包括的な支援を行う8団体を対象に、合計184万円の助成を決定した。
1.住民参加型福祉活動資金助成の概要
SOMPO福祉財団が実施している住民参加型福祉活動資金助成は、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行う活動に必要な資金を支援する事業である。本年度は、西日本地区を対象に2023年6月に公募したところ、22件の応募があり、別紙記載の8団体に合計184万円の助成を決定した。
2.助成金贈呈式の開催予定
助成金の贈呈式は、損害保険ジャパン株式会社の支店と協力のうえ、助成先にて、2023年12月末までに順次実施する予定である。
【住民参加型福祉活動資金助成助成先一覧】
・所在地:団体名・助成する活動の名称・助成金額
大阪府:人間研究所こころラボ(こどもお笑い道場・こどもお笑い食堂)/こどもお笑い道場における3つのコンテストのための助成/20万円
大阪府:Sharedeたかつき/ごちゃまぜマルシェ(備品購入、謝礼金など)/30万円
大阪府:南正雀まるっと。/地球をまるごと!まるっとマルシェ(会場拡大による備品購入など)/30万円
大阪府:ちびっと食堂@くらし/学習支援とおたがいさまのおせっかい(住民同士の助け合い活動)/26万円
大阪府:大人とこどもの寺子屋ぱんげあ ひろ/現金を必要としないリソース(資源)交換カフェで、居場所づくり/16万円
兵庫県:学習室ピア/小中学生の無料学習室を兼ねた子どもの居場所 14万円
兵庫県:子どもの居場所つくろう会/子どもの居場所づくり(スタッフ費用、活動備品、広報印刷費など)/18万円
沖縄県:あかゆらぬ花会/子どもの安心生活地域づくり(チラシ広告費、交通費など)/30万円

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

生保

オリックス生命、「令和6年能登半島地震」により被災者へ義援金を寄付

関連商品