新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、「GREEN LIGHT-UPProject」(グリーンライトアッププロジェクト)に参加

三井ダイレクト損保は、社会貢献活動の一環として、公益社団法人 日本臓器移植ネットワークが主催する「GREEN LIGHT-UP Project」(グリーンライトアッププロジェクト)に昨年度に続き参加する。
1.「GREEN LIGHT-UPProject」とは?
臓器移植医療への理解促進を願って、趣旨に賛同する企業等がグリーンリボンデー(注)(10月16日)を中心に、全国各地のランドマークやビル等をグリーン(移植医療のシンボルカラー)にライトアップするプロジェクトである。
この光には、ドナー(臓器提供者)への感謝に加え、移植を待つ人たち、移植医療を支える医療者等へのエールの意味も込められている。
(注)家族や大切な人と「移植」のこと、「いのち」のことを話し合い、お互いの臓器提供に関する意思を確認する記念日。1997年10月16日に臓器移植法が施行。
「GREEN LIGHT-UP Project」のWebサイト
https://www.green-ribbon.jp/greenlightup/
同社は自動車保険を取り扱う企業として、「事故や病気で臓器移植が必要となった方の支援」や「運転免許証での臓器提供の意思表示促進」等の観点から、本プロジェクトに参加する。
2.本社ビル(東京都文京区)のライトアップ期間
日時:2023年10月13日(金)~10月17日(火)(土日を含む5日間)17時~21時
3.同社ブランドコンセプトとの関係
同社は、2022年7月に「強くてやさしい」企業となることを宣言し、社会全体に「強くてやさしい」を広めていくことを目指している。
「GREEN LIGHT-UP Project」への参加は、これを具現化する取組みの1つであり、今後も同様の取組みを順次展開していく。
4.グリーン電力の使用
同プロジェクト参加にあたりライトアップに使用する電力は、自然エネルギー電力「グリーン電力証書システム」を利用して、全て再エネルギーでまかなっている。
■グリーン電力とは
グリーン電力とは、風力・バイオマス・水力・太陽光などの自然エネルギーにより発電された電力である。グリーン電力を使用することで温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量を削減することができる。このような環境に優しいグリーン電力を、「グリーン電力証書」という形で取引する制度が「グリーン電力証書システム」である。環境対策の一つとして利用できる仕組みで、この制度を利用して取引することで、グリーン電力の使用として認められる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、親猫にはない新規の遺伝子変異により筋ジストロフィーを発症したネコの症例を報告

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2024」にブース出展

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

関連商品