新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、リアルタイム被害予測・防災cmapアプリでユーザーが投稿するリスク情報を地図上で可視化

あいおいニッセイ同和損保は、株式会社JX通信社(以下「JX通信社」)との共同開発により、自然災害発生時の被災建物棟数をリアルタイムで予測する「cmap(シーマップ)」アプリに、事件・事故などに関するSNS投稿情報を地図上に表示する機能と、ユーザーが地域で発生した各種リスク情報をSNSにログインすることなく、cmapアプリに直接投稿できる機能を9月27日から導入する。
1.背景
同社は、地域の防災・減災に活用するため、自然災害に関するSNS投稿情報をcmap上で都道府県ごとに集約して公開している。同機能は、JX通信社がSNS投稿情報をAI解析し、デマやフェイクニュースを除去した最新のリスク情報を地域別・事象別に分類して表示し、誰でも閲覧できるようにしている。
今般、自然災害に加え、日常を取り巻く各種リスクからも地域住民の安全・安心を守るため、cmapアプリで事件、交通事故などに関するSNS投稿情報をマップ上で表示する機能と、SNSにログインすることなく各種リスク情報を投稿し、ユーザー間で情報共有できる機能を導入する。
2.cmapアプリに追加される新たな機能の概要
(1)既存機能と追加機能の比較
■情報種類
既存機能:自然災害
追加機能:事件・事故等
追加機能の特長:自然災害に限らず、日常を取り巻く各種リスクを迅速に把握可能
■情報源
既存機能:SNSに投稿された情報
追加機能:cmapアプリに投稿された情報
追加機能の特長:ユーザー登録やログインが不要なので簡単に投稿可能
■投稿情報の表示方法
既存機能・都道府県毎に集約し表示
追加機能:発生地点ごとにピンポイントで表示
追加機能の特長:発生地点をより詳細に把握可能
(2)アプリ上で表示するイメージ
・投稿機能
・地域のリスクを地図に表示
・投稿情報をタイムライン表示
(3)投稿機能の活用検証(大阪府泉南市との実証実験)
同社とJX通信社は、cmapを通じた各種リスク情報の効果的な収集方法について検証するため、cmapアプリとJX通信社のアプリ「NewsDigest」を活用した実証実験を2023年10月より開始する。
泉南市民とともに、安全・安心に関する情報をスマートフォンで収集し、地域住民と自治体がいつでもリスク情報を共有できるコミュニティの形成、そして地域全体で防災・減災に取り組む環境づくりを目指す。
3.今後の展開
同社は、日常生活において「危ない」「怖い」と思う場所の投稿機能をcmapに追加することで、市民の声に基づくヒヤリ・ハット地点情報を提携先自治体へ提供し、地域の防災・減災に役立ていくことを目指す。
今後も、事故の未然防止や被害の極小化に役立つ情報を社会と共有し、安全・安心に暮らせる社会づくりに貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドライバーの運転挙動と健康の相関性に関する共同研究を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、通所介護事業を行う子会社の株式会社ふれ愛ドゥライフサービスの全株式を譲渡へ

損保

あいおいニッセイ同和損保、商品ごとに提供しているアプリを統合した新アプリの提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転レベル4による自動運転路線バスの定期営業運行に向け、市街地での自動運転率100%を目指した実証実験に参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス技術を活用し高齢ドライバーの交通事故防止策に向けて宮崎県警察と実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】事業者の漏水事故防止対策を後押しする「漏水事故再発防止費用補償特約」の提供を開始

関連商品