新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、カンボジアの公共機関にオフィス家具を寄付

損保ジャパンは、SDGsの取り組みの一環として、在日カンボジア大使館を通じてカンボジア王国環境省関係事務所などの公共機関へオフィス家具161点を寄付した。
1.背景・目的
損保ジャパンは2022年度、本社ビル(東京都新宿区)と日本橋ビル(東京都中央区)において大規模な都内店舗集約(以下、「リスタッキングプロジェクト」)を実施し、執務フロアのフリーアドレス化による座席数の縮小や都内拠点の大規模移転を行った。
寄付の計画はリスタッキングプロジェクトのスタート前の2021年に始まった。その時点で具体的な量や状態までは見通せないものの、まだ使用できるオフィス家具が一定数、社内で余剰となる見込みとなった。そこで、新たに構築するオフィスや共用ワークプレイスに環境負荷の低い素材や漁網などのリサイクル品を使用することだけでなく、使用可能な家具を廃棄せず寄付することによるSDGsの取組みへの貢献もリスタッキングプロジェクトの目標の一つとなった。
家具の寄付方法について模索していたところ、NXグループの日本通運株式会社とNX商事株式会社がカンボジアへ中古オフィス家具を寄付する取組みを行っていることを知り、両社の協力を得ることとなった。カンボジアは経済発展が進む一方、教育や社会福祉の分野においては引き続き支援が必要とされている。その中でも、教育機関や公共機関は資金不足や設備の不備といった課題に直面している。これらの課題解決に寄与するべく、損害保険業界では初めてNX商事の中古オフィス家具海外寄付事業「どねサッと」に参画し、自社の中古オフィス家具を提供することとなった。
2.取り組み内容
2021年4月 本社ビルリスタッキング詳細検討開始
2021年6月 日本橋ビルリスタッキング詳細検討開始
2021年12月 寄付計画検討開始
2022年4月 本社ビルリスタッキング工事開始
2022年6月 日本橋ビルリスタッキング工事開始
2023年1月 寄付品検討開始
2023年2月 日本橋ビルリスタッキング工事完了
2023年3月 寄付品確定
2023年4月 寄付品搬出、コンテナ積み込み、出港
2023年5月 本社ビルリスタッキング工事完了
2023年5月 寄付品のカンボジア到着
2023年8月 現地納品
2023年9月 カンボジア大使館にて感謝状贈呈式
3.寄付品
デスク、椅子、収納棚、ソファ等計161点(40フィートコンテナ1本分)
4.今後について
損保ジャパンは今後も、持続可能な社会の実現に向けた環境保全・社会貢献活動など各種取組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、NeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携

関連商品