新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、ハワイ・マウイ島山火事の被災者・被災地を支援

あいおいニッセイ同和損保は、8月8日にアメリカ合衆国ハワイ州マウイ島で発生した山火事の被災者および被災地への支援を目的に、テレマティクス自動車保険の安全運転促進ポイントプログラム「ADテレマイレージ」の寄付先に「2023年アメリカ・ハワイ火災救援金(日本赤十字社)」を8月22日から追加した。
また、同社および関連会社社員から寄付金を募集し、被災者支援のために設立された現地基金「Maui Strong Fund※」へ寄付を実施することとした。
※ハワイ州全域で慈善活動を展開している「The Hawai’i Community Foundation」がマウイ島の山火事被災者支援のために設立した基金。
1.支援の概要
(1)「ADテレマイレージ」について
ADテレマイレージは同社のテレマティクス自動車保険契約者が安全運転に取り組むことでポイントが貯まるサービスである。貯まったポイントは、賞品と引き換え可能なクーポン、または各種団体を支援する寄付に活用できる。今般、この寄付先の一つとして新たに「2023年アメリカ・ハワイ火災救援金(日本赤十字社)」を追加した。
これまで「ADテレマイレージ」を通じて延べ約2,500名の方に、「ウクライナ人道危機救援金(日本赤十字社)」や「2023年トルコ・シリア地震救援金(日本赤十字社)」などへの寄付に協力した。
(2)同社および関連会社社員による寄付について
同社は、同社および国内関連会社社員、ハワイ現地法人のDTRIC Insurance Company,Limited(以下、DTRIC)からの寄付金を合算し、被災者支援のために設立された現地基金「Maui Strong Fund」へ寄付を実施する。
<寄付の内訳>
あいおいニッセイ同和損保および関連会社(DTRIC含む)
協力者数:約1,300人
寄付金:約160万円
寄付先:Maui Strong Fund
寄付実施日:2023年9月29日
2.今後について
今後も同社は、CSV×DX※を具現化した地域・社会の未来を変えるテレマティクス自動車保険のサービスの一つである「ADテレマイレージ」を通じて、引き続き被災地の復興支援に取り組んでいく。

CSV…Creating Shared Value(社会との共通価値の創造)
DX…Digital Transformation(データやデジタルを活用し、価値提供を変革させること)

関連記事(保険業界ニュース)

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】環境・生物多様性に関する事業リスク定量化アプリの開発を開始

関連商品