新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、災害に備える大切さを伝える「ジャパンダの防災博物館」をオープン

損保ジャパンは、関東大震災から100年の節目である9月1日の「防災の日」に、損保ジャパン日本橋ビルの1階エントランスホールに「ジャパンダの防災博物館(Real SOMPO Park)」をオープンした。
同館では、損保ジャパンがこれまでに実施した災害対応や防災教育の紹介、防災グッズの展示など通じて、災害に備える大切さを発信している。
1.背景
近年は気候変動により自然災害が激甚化・頻発化し、100年に一度と言われる災害が毎年のように発生している。損保ジャパンでは災害に強い地域社会づくりを目指し、2021年度に「水災害プロジェクト」を立ち上げた。本プロジェクトは、災害で悲しむ人をゼロにしたいという想いを持った社員が全国から有志で集結し、社内副業制度「SOMPOクエスト」を活用して取り組んでいる。
「ジャパンダの防災博物館(Real SOMPO Park)」は、防災意識の向上により、災害発生時に命を守ることができるように備えてもらいたいとの願いからSOMPOクエストメンバーにより考案された空間である。
2.ジャパンダの防災博物館(Real SOMPO Park)について
過去、日本で発生した大きな自然災害についてまとめたオリジナル年表、子ども向け防災教育「防災ジャパンダプロジェクト」のコンテンツ、シーン別の防災グッズなど、どなたでも理解できるようにわかりやすく紹介している。
名称:ジャパンダの防災博物館(Real SOMPO Park)
所在地:〒103-0027東京都中央区日本橋2-2-101階
開館時間:9:00-17:00
休館日:土・日・祝日
3.今後について
損保ジャパンは、「“安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」というSOMPOのパーパス実現に向けて、ブランドスローガン「Innovation for Wellbeing」を具現化する取組みを通じてサステナブルな社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

関連商品