新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、マンション漏水事故の未然防止・被害軽減を目指し、センサーを活用した駆けつけサービスの実証実験を開始

あいおいニッセイ同和損保および、株式会社大京アステージは、マンションにおける漏水事故の損害軽減を目指し、漏水検知センサーを活用した駆けつけサービスの有効性を検証する実証実験を7月より開始する。
1.実証実験の概要
大京アステージが管理するマンション管理組合に対し、あいおいニッセイ同和損保が漏水検知センサーを貸与し、入居者が専有部のシンク下や洗面台下に設置する。センサーが漏水を検知した場合、アラーム音で入居者に知らせ、大京アステージが提供するトラブル駆けつけサービス「住まいるレスキュー」※1により給水を止めるなどの初期対応を行う。この仕組みにより、大規模な漏水事故防止や、損害の極小化に対する効果を検証する。
※1 漏水などの専有部内の不具合、鍵の紛失、管球類の交換など、暮らしの困りごとに、電話一本で「至急」や「時間指定」などのお客様の希望に応じて専門のスタッフが駆けつけるサービス。
2.実証実験の背景
漏水事故の原因となる給排水設備は他の建物設備と比べ劣化が早く、老朽化が進むマンションでは漏水事故が多く発生している。一方、高経年マンションは年々増え続け、築40年を超えるマンションの棟数は、2018年時点で81.4万戸あり、2028年に197.8万戸、2038年には366.8万戸にも及ぶと推測※2されている。
今般、お客さまが大切なお住まいに長く快適に住み続けられるよう、あいおいニッセイ同和損保と大京アステージは、マンションにおける漏水事故を未然に防ぐことができる商品・サービス提供を目指し、実証実験を行うこととした。
※2 国土交通省「マンション政策の現状と課題」(https://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/content/001313642.pdf)
3.今後の展開
本実証実験にて漏水事故低減の効果が得られた場合、あいおいニッセイ同和損保と大京アステージは、大京アステージが管理するマンション向けに、漏水検知センサーを活用した漏水事故の未然防止や損害の極小化に資する商品・サービスの開発・提供を検討する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

関連商品