新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、保険相談予約システムおよび自動車保険オンライン申込システムの提供開始

東京海上日動は、2023年6月よりオンライン保険相談予約システム「Agent+」の提供を開始した。また2023年12月には自動車保険オンライン申込システム「e-Auto」の提供開始を予定している。デジタル技術の活用による快適な顧客体験と、人の力による付加価値の高い保険サービスのベストミックスを追求し、より多くのお客様に安心・安全を届けいく。
1.背景
近年、デジタルトランスフォーメーションの進展を背景にお客様のニーズは多様化している。「保険商品・サービスについては専門家に相談したい」「事故対応などについては人を介したアフターフォローを期待する」といったニーズがある一方で、保険の契約手続きに関してはオンラインを活用してより利便性を求める声を頂戴している。
このような環境を踏まえ、デジタル技術で人による付加価値を更に高めるオムニチャネル販売モデル※「Agent+」および「e-Auto」の提供を開始することとした。
※オンラインとリアルで複数の販売経路を有し、顧客ごとに最適な体験を提供する仕組み
2.オムニチャネル販売モデルの概要
(1)オンライン保険相談予約システム「Agent+」
同社専用サイトより、お客様がオンラインで自身のニーズに合った保険代理店や募集人を検索し、気軽に相談予約ができる。自動車保険や火災保険、傷害保険などを対象としており、保険のプロである募集人に幅広く相談が可能である。Agent+は2023年6月より提供を開始している。
(2)自動車保険オンライン申込システム「e-Auto」
e-Autoは保険代理店のHPから、いつでもどこでも自動車保険の新規申込をオンラインで完結できる仕組みである。手続き中の補償等に関する質問は、チャットやビデオ通話ツールを通じて相談が可能である。
e-Autoは2023年12月の提供開始を予定している。
3.今後について
本取組を通じて得られた知見やお客様ニーズをもとに、同社は今後も顧客体験の一層の向上を目指し、保険商品をもっと分かりやすく理解してもらうためのデジタルコンテンツの拡充や、対象商品の拡大などを検討していく。
また、保険代理店のデジタル活用支援にも一層注力し、より多くのお客様に「プロの解決力」による「安心・安全」を届けていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

生損共済

こくみん共済coop〈全労済〉、組合員専用サービス「マイページ」で共済契約証書の電子化を開始

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

生保

太陽生命、「マイページ」で契約者貸付金の返済における「電子バーコード決済」の取扱いを開始

関連商品