新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「人生100年ラウンジ」のスマートフォン向けアプリを開発

三井住友海上は、人生100年時代におけるお金の不安を解消し、豊かな人生を送るためのサービス「人生100年ラウンジ」のスマートフォン向けアプリを開発し、6月から提供を開始する。
◆「人生100年ラウンジ」の概要
「人生100年ラウンジ※」は、同社とSCSKが開発した、現役時代から老後まで、その時々の状況に合わせた資産形成をワンストップで支援する企業の従業員向けのWebサービスである。
※ 同社が提供するサービスの名称。SCSKは同サービスを「資産形成ラウンジ エフクリ」として提供している。
◆アプリ開発の背景・概要
「人生100年ラウンジ」は、これまでWebサイトのみでサービス提供していたが、ユーザ―の利便性向上を図るため、スマートフォン向けアプリを開発した。
本アプリは、「人生100年ラウンジ」が勤務先で導入され、本サービスのアカウントIDおよびパスワードを保有する人向けのアプリである。
本アプリを利用することで、サービスコンテンツをスマートフォンやタブレットから利用することができる。
<特徴・メリット>
①アプリでより手軽に
アプリをインストールすることで、より手軽に「人生100年ラウンジ」を利用することができる。
スマートフォンの生体認証機能と連携するため、2回目以降のログイン時のID・パスワード入力が不要である。
②お役立ち情報を通知で届ける
福利厚生制度や資産形成に関する情報など、お役立ち情報を届ける。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

損保

三井住友海上、保険料等の調整行為に係る行政処分の内容と今後の対応を発表

生保

MS&ADホールディングス、金融庁による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への行政処分を発表

損保

三井住友海上、宇宙関連事業者17社の意向表明書を受領

損保

MS&ADホールディングス、公正取引委員会による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への立入検査でコメントを発表

損保

三井住友海上、社員向け生成AIチャットツール「MS-Assistant」に損害保険業務の専門的な照会応答機能を追加

関連商品