新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、「請求書発行サービス」を導入

大同火災は、「請求書発行サービス」を5月15日より導入した。
本サービスを利用することで、これまでお客さまから現金授受による手続きを行っていたケースでも、発行された請求書をもとにキャッシュレスでの手続きが可能となる。
1.「請求書発行サービス」開発の背景
・政府によるキャッシュレス決済推進に伴い、沖縄県でもクレジットカード払いや電子マネー決済などのキャッシュレス決済が増加し、生活に定着するようになってきたが、同社保険契約に関する保険料の支払いでは、いまだ現金授受による手続きが多く残っていた。
・上述の背景を踏まえ、同社保険契約においてキャッシュレス決済を推進すべく、自動車保険や火災保険については、先行してスマホ決済やクレカ登録払のキャッシュレス決済を導入している(2020年度~2022年度において導入済み)。今般、更なるキャッシュレス推進および多様化する保険料支払方法ニーズに応えるため、全保険種目※においてキャッシュレス対応が可能な「請求書発行サービス」を導入する。
※自賠責保険除く。
2.「請求書発行サービス」の概要
代理店が発行する「保険料お払込みのご案内(請求書)」に基づいて、銀行振込・コンビニ払・スマホ決済(クレジットカード、その他キャッシュレス決済)のいずれかの方法で保険料を支払うサービスである。
3.「請求書発行サービス」開始スケジュール
2023年5月15日よりサービス開始となり、保険始期、既存契約にかかわらずすべての契約に係る保険料の支払いに対して使用することができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アバターによるオンライン面談サービス開始

生保

太陽生命、生命保険業界初、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した新契約手続き(ネット申込)を開始

損保

アニコム損保、犬と猫の「熱中症週間予報」、4月18日から配信開始

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、4月16日から、SOMPOが創る「未来の介護」を紹介するウェブ動画を公開

協会・団体生保

生保文化センター、「生命保険と税金の知識」改訂

損保

イーデザイン損保、能登半島地震発生後100日を機に「そのときクルマに乗っていたら?スクショ防災」特設サイトを開設

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

エヌエヌ生命、日蘭協業支援プログラム「MONO MAKERS PROGRAM2024」の参加者募集を4月1日から開始

関連商品