新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク140万点を寄贈

あいおいニッセイ同和損保は、2022年度に収集したベルマーク約140万点をベルマーク教育助成財団(以下、ベルマーク財団)、および各地域の学校へ寄贈した。
同社では大規模自然災害で被災した地域の学校へ寄贈する活動を2011年から実施しており、寄贈した点数は累計で2,400万点を超えた。
1.ベルマーク寄贈の背景
同社は、「すべての子どもに等しく豊かな環境で教育を受けさせたい」というベルマーク財団の理念に賛同し、2000年4月に損保業界唯一の協賛企業としてベルマーク運動に参画した。
寄贈したベルマークは、1点=1円のベルマーク預金に換算され、一輪車や児童書籍等、学校設備や教材の購入費用として、全国の学校で子どもたちのために大切に活用されてきた。2011年3月に発生した東日本大震災以降は、主に大規模自然災害で被災した地域の学校を対象に寄贈している。
ベルマークの収集は同社のみならず、全国の同社代理店・扱者、取引先企業など5,400社を超えるベルマークサポーターやお客さまとともに実施している。
2.2022年度収集・寄贈の取り組み結果
寄贈ベルマーク合計点数 約140万点
①被災地の学校への寄贈分約134万点 ベルマーク財団を通じて寄贈
②地域の学校への寄贈分約6万点 全国の部支店より各地域の学校へ寄贈
3.今後の展開
2023年度も継続してベルマークの収集・寄贈活動を行い、地域および被災地の子どもたちの教育環境の改善につなげていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

関連商品