新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、地域向け交通安全講習1,000回を達成

大同火災は、予てより実施している、地域に向けた交通安全講習会の開催が今年4月で累計1,000回目を迎えた。
<大同火災の交通安全講習会について>
同社では、「あんしん・あんぜんな沖縄県」を目指し、交通安全に向けた取り組みを行っている。その中でも交通事故防止に向け、タクシー・バス会社等の公共交通機関や医療・福祉関係事業者等の従業員の皆さまを中心に無償で交通安全講習会を開催している。講習会では、交通事故の実態、事故加害者の法的責任や道義的責任、危険回避の方法および自動車保険加入の重要性など、参加対象者に応じたカリキュラムを通じて安全運転の啓発に取り組んでいる。
また、若年層の交通事故防止を目的として、高校、大学、専門学校を訪問し、交通事故の恐ろしさや悲惨さ、交通事故を未然に防ぐための方法等をテーマとした交通安全講習会も継続して実施している。
・1,000回目のカウントについては直近5年間の数値(2018年度~)となる。活動そのものは2018年以前から行っているので、実績としてはさらに多くなる。
・2022年度は157回の開催で11,558人の方が参加し、参加者の延べ人数としては少なくとも5万人を超えていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

損保協会・団体

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

損保

au損保、ペット保険のキャッチコピーと商品呼称をあらたに策定、新TVCM全国放映とウェブサイトのフルリニューアルを実施

生保

明治安田生命新宿ビル新築工事仮囲いに工学院大学学生が描いた巨大ピクセルアート出現

生保

日本生命、「日本生命四条ビル」の建替計画を発表

損保

大同火災、令和6年能登半島地震に関する義援金を寄贈

生保

住友生命グループ、資産運用立国実現に向けた取組みを公表

生保

第一生命ホールディングス、資産運用立国の実現に向けた第一生命グループの取組みを公表

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況報告等を公表

関連商品