新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、DOMとDX推進・CX向上を目指し協業開始

SBI損保と、株式会社IDOM(以下「IDOM」)は、2023年4月から、自動車保険の提携修理工場におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、CX(カスタマーエクスペリエンス)の向上を目的とする協業を開始する。
「ガリバー」ブランドを運営するIDOMは、整備工場を22工場、うち板金工場を8工場構えており、「SBI安心工場」にも加盟している。このたびSBI損保はIDOMを、SBI安心工場の中でもさらに高い基準をクリアした「SBI安心工場プレミアム」に認定し、IDOMの全工場において、よりレベルの高いお客さま対応を行っていくこととする。
あわせて協業の最初の取り組みとして、SBI損保がIDOMに紹介した損傷自動車の修理の進捗等に関し、お客さま・SBI損保・IDOMがインターネット上でコミュニケーションを可能とするツールを導入する。これにより、これまでの保険会社と工場間の情報共有だけでなく、工場からお客さまに、修理の進捗、概算修理費などの情報を個別にかつタイムリーに提供することが可能となる。
SBI損保とIDOMが共にかかわる自動車を取り巻く環境は広く、そして絶え間なく変化している。SBI損保とIDOMは、これらの変化に伴うさまざまな課題をDXにより解決し、新たなCXを提供していくために、今後も協力していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

損保

SBI損保、2024年3月期の主要業績を発表

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

SBI損保、小野 尚氏が代表取締役社長に就任

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

生保

日本生命、木造営業拠点「群馬富岡オフィス」を新築

損保

SBI損保、自動車保険の保険料支払において「青と黄色のVポイント」取り扱いを開始

生保

アフラック生命、兵庫県姫路市とがん検診等受診率向上推進協定を締結

関連商品