新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、石川県小松市で自動運転バスの導入に向けた実証実験を実施

損保ジャパン、石川県小松市、BOLDLY株式会社、株式会社ティアフォー、アイサンテクノロジー株式会社の5者は、2023年3月2日から3月20日まで、2024年春に予定される北陸新幹線小松駅の開業を見据えて、JR小松駅と小松空港をつなぐルートにおいて小型自動運転EVバス(定員:10人)の実証実験を行った。また、実証実験の最終日となる3月20日に、宮橋市長をはじめとする関係者向けの試乗会を開催するとともに、実証実験の成果を報告した。
1.実証実験の背景および内容
小松市、BOLDLY、ティアフォー、アイサンテクノロジーおよび損保ジャパンの5者は、北陸新幹線小松駅の開業に合わせてJR小松駅・小松空港間のさらなるアクセス向上を図るため、2022年8月3日に、自動運転バスの定常運行の社会実装を軸とした連携協定を締結した。今回の実証実験では、JR小松駅・小松空港間のルートにおいて、損保ジャパンによる自動運転リスクアセスメント※1やアイサンテクノロジーによる高精度3次元地図データの作成を事前に行った上で(2022年12月)、ティアフォーが開発を主導する自動運転ソフトウエア「Autoware(オートウエア)※2」による自動走行や、BOLDLYが提供する自動運転車両運行管理プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使った遠隔監視を実施した。自動運転レベル2で1日に4~5便走行し、車内のオペレーターおよび遠隔監視者をBOLDLYとティアフォーの社員が務めた。5者は、今回の実証実験を通して技術検証や課題の洗い出しを行った後、2023年度に予定している小型自動運転EVバスの長期実証に向けて取り組みを進め、2024年度中に小型自動運転EVバスの定常運行実現を目指す。
※1 交通環境に関するデータ(過去の交通事故発生状況や信号機、運転速度など)を基に走行ルートの安全性を評価すること。
※2 「Autoware」はThe Autoware Foundationの登録商標である。
2.実証実験および試乗会の概要
期間:2023年3月2日~20日
走行距離:片道約4.4km
走行速度:最高時速19km
走行ルート:JR小松駅と小松空港をつなぐ公道
使用車両:「GSM8」(国産の車両をベースにした自動運転車両)
・試乗会について
3月20日午後1時30分~午後4時30分に、「サイエンスヒルズこまつひととものづくり科学館」において実証実験の成果報告会を行った後、「サイエンスヒルズこまつひととものづくり科学館」と小松空港をつなぐ公道で試乗会を開催した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

損保

損保ジャパン、第3回SOMPO『ESGセミナー』開催

損保

損保ジャパン、北海道の冬道に備える安全運転講習会を開催

生保損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、「スポーツエールカンパニー2024」認定取得

損保

SOMPOホールディングス、一部報道についてコメントを発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転レベル4による自動運転路線バスの定期営業運行に向け、市街地での自動運転率100%を目指した実証実験に参画

損保

損保ジャパン、「電動キックボードに関する意識調査」を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス技術を活用し高齢ドライバーの交通事故防止策に向けて宮崎県警察と実証実験を開始

関連商品