新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、第2回脱炭素経営EXPO【春】に出展

三井住友海上は、3月15日~17日に東京ビッグサイトでRX Japanが主催する「第2回脱炭素経営EXPO【春】」に出展する。
同社は、脱炭素経営を目指す企業に対して、保険商品・サービスの案内に加え、メタバース空間を活用して脱炭素取組の説明を行う。本展示会への出展を通じて、企業の脱炭素経営を支援するとともに「出展者や来場者との提携関係の構築」や「電力事業を支援する新たな商品・サービスの開発」につなげていく。
◆展示会の概要
本展示会は、ゼロカーボンコンサルティング、GHG排出量の見える化、コーポレートPPA、省エネルギーソリューション等あらゆる脱炭素ソリューションが出展され、脱炭素経営を目指す企業の経営者、経営企画部門、ESG・サステナブル部門等が来場する専門展である。
(1)会期:2023年3月15日~2023年3月17日 3日間
(2)会場:東京ビッグサイト 東展示棟 小間番号:60-45
(3)主催:RX Japan株式会社
(4)展示会HP:https://www.decarbonization-expo.jp/spring/ja-jp.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「上司が挑戦していないとモチベが下がる」若手が約6割、社会人800名を対象に【挑戦に関する意識調査】を実施

損保

三井住友海上、「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で玉置桃選手が優勝

損保

三井住友海上、リフォームを通じた自然災害被害の軽減に向けて協業

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

損保

三井住友海上、アジャイル開発の新基盤「MS Agility Platform」を構築

損保

三井住友海上、「定時(17時)退社」を経営目標へ

損保

三井住友海上、ポイントが貯まる「CAINZの保険」の販売開始

損保

三井住友海上、NECと「適応ファイナンスコンソーシアム」を設立

関連商品