新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、2023年度自賠責運用益拠出事業17.1億円を決定

損保協会は、2月16日(木)の理事会において、各損害保険会社から拠出される自動車損害賠償責任保険の運用益を活用し、新規4事業を含めた38事業に対する総額17億888万円の支援を決定した。
同協会では、1971(昭和46)年から、同運用益を活用して自動車事故防止対策事業や自動車事故被害者対策事業などの多様な分野に対する支援を行っている。
2023年度は、事故当事者や家族等への支援につながるよう、自動車事故被害者対策を中心に取り組むとともに、昨今の交通環境の変化を踏まえて、自動車事故防止対策にもより一層注力することを基本方針としている。
なお、自動車事故防止対策においては、自動車事故の防止に貢献する様々な取組みに関して幅広く情報を収集するため、2019年度から公募制を導入し、より社会的ニーズに即した事
業・研究に拠出するように努めている。
■2023年度「自賠責運用益拠出事業」概要
(1)自動車事故防止対策
・交通事故防止のための啓発・教育
・交通事故防止機器の寄贈
・交通事故防止に関する研究
(2)救急医療体制の整備
・救命救急医療機器・機材の購入費補助
・救急医師・救急看護師の育成
・ドクターヘリ事業の推進
(3)自動車事故被害者対策
・交通事故相談等への支援
・交通遺児への支援、被害者・家族等の心のケア
・講習会の支援、研究支援
(4)後遺障害認定対策
・公募による医療研究助成
(5)医療費支払適正化対策
・医療費支払適正化の取組み

関連記事(保険業界ニュース)

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

生保

大同生命、すべての子どもたちへ平等に学ぶ“チャンス”を提供

協会・団体損保

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

関連商品