新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先を追加

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス自動車保険の安全運転促進ポイントプログラム「ADテレマイレージ」の寄付先に「2023年トルコ・シリア地震救援金(日本赤十字社)」を2月15日から追加する。
2月6日に発生したトルコ南東部のシリアとの国境付近を震源とする大規模地震により、多くの人が被災し、現在も救助活動が続けられている。また、被災地は地震による建物の倒壊・インフラ被害などに加えて、厳しい冬の寒さにも直面し、地震発生から日を追うごとに被害はさらに深刻化しているため、早急な支援が必要となっている。
こうした状況を受け、子どもたちをはじめとし、支援を必要としている人々への救助活動や復興支援等のため、今般、「ADテレマイレージ」の寄付先に「2023 年トルコ・シリア地震救援金(日本赤十字社)」を追加することとした。
●概要
ADテレマイレージは安全運転に取組むことでポイントが貯まるサービスである。貯まったポイントは、賞品と引き換え可能なクーポン、または各種団体を支援する寄付に活用できる。寄付先の一つとして新たに2023年トルコ・シリア地震救援金(日本赤十字社)」を追加。テレマティクス自動車保険に加入のお客さまは専用サイト内において、貯まったポイントを活用し、被災地での救助活動を支援することができる。
地震による被害の深刻さが増し、救援物資の配布、温かい食事の提供、保健・医療のサポート、被災地域における子どもたちへの支援など、さまざまな支援ニーズが高まっている中、同社はCSV×DXの考えのもと、いち早くADテレマイレージを通じて、被災地支援を開始した。今後は、本救援金への参加を呼び掛けることで、テレマティクス自動車保険に加入のお客さまとともに、引き続き被災地の復興支援に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

関連商品