新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、スマホ位置情報活用し公道での事故を防止する実証実験

三井住友海上、MS&ADインターリスク総研、KDDI、出前館は、2月1日から2月28日まで、公道においてスマートフォンの位置情報を活用し、運転手に車両の存在を通知し安全運転を支援する実証実験を実施する。
本実証はトヨタ自動車、日本交通と連携し取り組む。
本実証に向けKDDIはトヨタ自動車と共に、GNSS※で計測したスマートフォンの位置情報をもとに、自転車・原動機付自転車・自動車が同じ交差点に接近した際にそれぞれの運転手のスマートフォンへ自動通知する機能を開発した。交差点の死角に隠れている自転車・原動機付自転車・自動車の存在を、安全面に配慮した通知によってそれぞれの運転手が事前に把握することができる。
本実証は東京都板橋区の公道で実施する。出前館、日本交通が本機能を搭載したスマートフォンを通常業務の中で利用し、本機能による事故削減効果や受容性を検証する。自転車・原動機付自転車の運転手に対しては運転後に、運転中に潜んでいた危険をフィードバックし、従業員への適切な運転指導を支援する。
三井住友海上とMS&ADインターリスク総研は、事故の削減・被害軽減効果のデータ提供・検証、およびリスクマネジメント支援等を通じて実証を支援する。
◆本実証について
1.概要
(1)自転車・原動機付自転車と自動車の出会い頭情報提供機能の検証
・スマートフォンの位置情報を活用し、自転車・原動機付自転車・自動車の位置情報をトラッキングサーバーに定期的にアップロードする。見通しの悪い交差点付近において、自転車・原動機付自転車・自動車が接近したことをトラッキングサーバーが予測・検知すると、通知音・バイブレーション・警告画面を通じてそれぞれの運転手に自動通知する。
・道路や交差点の形状、乗り物の種類に応じて、通知のタイミングを個別に設定しているため、精度の高い事故防止を実現する。
・アプリ上の位置情報を活用するため、au回線以外でも利用可能である。
(2)運転後の自転車・原動機付自転車の運転結果フィードバック機能の検証
・運転後には、一時停止違反や急ブレーキの実施などの運転結果を自転車・原動機付自転車の運転手へフィードバックすることで運転意識の向上を図る。
2.各社の役割
・KDDI
自転車・原動機付自転車の存在通知機能、運転結果フィードバックの提供(スマホ、クラウドの機能配置、アーキテクチャ検討、実装、運転結果分析)
・出前館
機能の評価、配達員(自転車・原動機付自転車)の位置情報の提供
・三井住友海上
事故の削減・被害軽減効果のデータ提供・検証
・MS&ADインターリスク総研
リスクマネジメント施策・リスクアセスメント支援
・トヨタ自動車
自転車・原動機付自転車の存在通知機能、運転結果フィードバックの提供
(ドライバーへの通知方法、フィードバック項目検討)
・日本交通
機能の評価、ドライバーの位置情報の提供
※ 全球測位衛星システム

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「上司が挑戦していないとモチベが下がる」若手が約6割、社会人800名を対象に【挑戦に関する意識調査】を実施

損保

三井住友海上、「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で玉置桃選手が優勝

損保

三井住友海上、リフォームを通じた自然災害被害の軽減に向けて協業

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

損保

三井住友海上、アジャイル開発の新基盤「MS Agility Platform」を構築

損保

三井住友海上、「定時(17時)退社」を経営目標へ

損保

三井住友海上、ポイントが貯まる「CAINZの保険」の販売開始

損保

三井住友海上、NECと「適応ファイナンスコンソーシアム」を設立

関連商品