新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサホールディングス、「第20回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンドを開催

アクサホールディングス(以下「アクサ」)、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下「JBFA」)、は、2023年2月11日(土)に町田市立総合体育館(東京都町田市)で開催する「第20回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンドの会場にて、子どもたちにブラインドサッカーを通して視覚障がいへの理解を深めるきっかけとしてもらうことを目的に「ブラインドサッカー体験会」を開催する。体験会には、ゲストとして元リヴァプールFCのジョン・バーンズ氏と、タレントでブラサカ応援メンバーでもある、じゅんいちダビッドソン氏を招く。
本体験会は、アクサブレイブカップのメインサポーターであるアクサ・ホールディングス・ジャパン傘下の保険会社3社が、アクサグループとともにサポートしているイングランド・プレミアリーグの強豪・リヴァプールFCの日本法人であるLFCインターナショナル・アカデミー・ジャパンに通う子どもたちを対象として実施するものである。また、町田商工会議所の後援により、町田市の子どもたちも参加する。子どもたちは、スタッフや選手の安全な指導のもと、アイマスクを装着し、視覚を遮断した状況でお互いに指示を出し合い、パスやシュートなどを行う。体験会を通じて相手への思いやりやチームワークの大切さを学ぶとともに、視覚障がいへの理解を深めてもらうことを目的としている。
ゲストのジョン・バーンズ氏には元リヴァプールFCの選手として、子どもたちと一緒にアイマスクを着用してシュート体験などを行ってもらい、ブラインドサッカーの魅力や体験して感じたことについてコメントをもらう。じゅんいちダビッドソン氏にも同様に体験してもらい、昨年ワールドカップ実況中継で注目を集めた元日本代表の本田圭佑選手のごとく解説を観客席に向けて届ける。
なお、当日、観戦に来場した人に、ジョン・バーンズ氏、じゅんいちダビッドソン氏のサイン入りリヴァプールFCユニフォームや、2022-2023シーズンを戦うリヴァプールFC12人の選手サイン入りユニフォーム1枚が当たる抽選会も行う。現在、アクサブレイブカップの前売券をウェブサイトにて販売している。
アクサは、JBFAの「ブラインドサッカーを通じて視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」というビジョンに共鳴し、本体験会を通して、次世代を担う子どもたちの多様性やお互いを尊重する精神を育んでいく。
●大会概要
「第20回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」
(大会愛称:アクサブレイブカップ)
日程:2023年2月11日(土)
会場:町田市立総合体育館(〒194-0045東京都町田市南成瀬5‐12)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

関連商品