新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、EVユーザーサポート・プラットフォームを設立

損保ジャパンおよびプライムアシスタンス(以下「PRA」)は、国内における今後のバッテリー式電気自動車(以下「EV」)へのシフトを支援することでカーボンニュートラルの実現に貢献すべく、EV向けのユーザーサポート・プラットフォーム『EV-One(イーブイ・ワン)』を2022年12月に設立した。本プラットフォームは、EVユーザーを支援する技術・システム・商品を持つパートナー事業者と構築し、EVライフに「安心・安全」「便利・快適」を届ける。
両社はお客さまにより安心してEVを利用いただけるよう専用アプリ『EV-One』の開発に着手、両社およびパートナー事業者が提供するEV向けサービスのワンストップでの提供を2月以降開始する予定である。
◆プラットフォームの概要
EV向けのアフターサービスプラットフォーム『EV-One』は、特に初めてEVに乗るお客さまに、より安心してEVを利用いただけるよう『ユーザーへ「安心・安全」を届ける機能』と『ユーザーのEVライフにおける「便利・快適」をサポートする機能』を有し、EVの普及を後押しすることを目的としている。
(1)EVの利用にあたり、ユーザーへ「安心・安全」を届ける機能
トラブル対応・整備および修理・リース・保険などを、損保ジャパン・PRA・およびグループ各社により盤石の体制で提供
(2)ユーザーのEVライフにおける「便利・快適」をサポートする機能
充電関連・バッテリー診断をはじめとした多様な機能を、プラットフォーム参画のパートナー事業者との固い連携で提供
なお、損保ジャパンは、環境省が推進する食とくらしの「グリーンライフ・ポイント」推進事業の採択事業者として、本サービスを利用するユーザーの環境配慮行動に対し「SOMPO Parkポイント」の進呈を予定している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

損保

損保ジャパン、ステーブルコインやデジタルウォレットに関連するWeb3領域のサイバーリスク対策においてみんなの銀行との共同検討を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

損保

損保ジャパン、宇宙保険特設サイトを開設

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、「東京レインボープライド2024」に協賛・参加

損保

損保ジャパン子会社Mysurance、【日本初】新車購入者と販売店の相互扶助による新保険制度「愛車PROTECTトヨタのミニ車両保険」を全国展開

関連商品