新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、新TV-CMで岡田准一さんが大型LEDディスプレイを背景にバーチャル撮影

あいおいニッセイ同和損保は、イメージキャラクターの岡田准一さんが出演する新TV-CM「未来に挑む保険」篇(15秒、30秒)を2023年1月1日(日)から全国で放映する。
未知のリスクや社会・地域課題と向き合いながら保険商品やサービスを進化させ、お客さま・地域・社会が真に求める新たな価値を提供していく「CSV×DX(シーエスブイバイディーエックス)」というコンセプトのもと、事故を未然に防ぐ、事故の影響を減らし回復を支援するという新たな価値を加えた「テレマティクス自動車保険」を生み出すなど、「保険にこそ進化が必要」と考える、あいおいニッセイ同和損保の意思を伝えている。岡田さんの力強い表情やナレーションとタイポグラフィで表現したキーワードを交互に映し出し、走行データから危険な道路を把握して安全に繋げること、安全運転を促すことによってCO2排出量を減らして環境を守ることなど、ひとつの挑戦を次の可能性へ繋げより良い未来を目指していくという姿勢を表現している。
■TV-CM概要
タイトル「未来に挑む」篇(15秒、30秒)
出演 岡田准一
放映開始日 2023年1月1日(日)
放映地域 全国
動画公開URL https://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/cm/
■ストーリーと見どころ
夜明けの美しい空やクルマが行き交う道路、通学途中の子どもが歩く横断歩道、そして人々が穏やかに過ごす日常の光景など、さまざまなシチュエーションを描いた映像と岡田さんの力強いナレーションを組み合わせ、“保険の進化で目指す未来”を伝えている。一滴の雫が水面に広がっていく波紋は挑戦から広がる可能性を、保険を進化させよりよい未来に挑むあいおいニッセイ同和損保のゲームチェンジャーとしての意思を表現している。
TV-CMの舞台は街や自然の中であるが、岡田さんの出演シーンはすべて屋内スタジオで撮影されていることも注目のポイントである。高画質な大型LEDディスプレイに投影する映像の前で演技を行う“バーチャルプロダクション撮影”は、一般的な背景合成による撮影と比べ、その場に居合わせているかのような臨場感を味わえることが大きな特長で、岡田さんの演技がよりリアルで完成度の高いものとなっている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、保有契約件数が90万件を突破

損保

イーデザイン損保、阿部サダヲさんが新CMに出演、6月20日からWeb公開・全国でもOA予定

損保

AIG損保、渋野日向子選手がAIGブランドアンバサダーに就任

生保

朝日生命、新CM“「あんしんがいっぱい」篇”の放映開始

生保

FWD生命、「OmnebyFWD」登録数10万件を記念してキャンペーンを実施

生保

アフラック生命、新商品CMに女優・戸田恵梨香さんを起用~6月17日(月)から全国でオンエア開始

生保

エヌエヌ生命、「経営者の妻」の思いを詠んだ川柳コンテスト「夫が社長妻のつぶやき川柳」受賞作品を発表

損保

アニコム損保、第九回「どうぶつ川柳」募集開始

生保

SBI生命、第10回「ご提案募集コーナー」の大賞は「お亡くなり後の届出等お手伝いサービス」

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

関連商品