新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、コーポレートベンチャーキャピタルの投資枠を3億米ドルに拡大

MS&ADホールディングスは、今般、米国・シリコンバレーに本拠を置くグループ傘下のCVCである、MS&AD Ventures Inc.(以下、MS&ADベンチャーズ)に対し、新たに1億米ドル(約140億円)の投資枠を設定した。これにより、設立以来の累計投資枠は3億米ドル(約420億円)となった。
MS&ADベンチャーズは、2018年10月に日系保険会社初のCVCとして設立以来、世界の先端テクノロジーやビジネスモデルを先導する多くのスタートアップ企業に投資するとともに、スタートアップ企業との提携等により、同社グループにおけるDX基盤の強化や事業変革、新規ビジネスの創出を推進してきた。そうした中、投資先も順調に成長し、事業拡大に伴う追加投資ニーズが高まっていることから、投資枠の拡大を決定した。
MS&ADインシュアランスグループは、今後も同社による効果的な投資活動を通じて、社会課題の解決に取り組みながらステークホルダーへ新たな価値を提供し、持続的成長と企業価値向上を目指す。
※1米ドル=140円で換算
1.投資枠拡大の内容
(1)金額:100百万米ドル(約140億円)
※設立時からの累計投資枠は3億米ドル(約420億円)
(2)実行時期:2022年10月
2.CVCの概要
(1)名称:MS&AD Ventures Inc.
(2)所在地:米国・カリフォルニア州メンローパーク市
(3)株主:MS&ADインシュアランスグループホールディングス100%
(4)投資対象:同社グループとシナジーの発揮を狙えるスタートアップ企業
※インシュアテック、ライフ&ヘルス、サイバーセキュリティ、モビリティ領域などのアーリーステージ(創業後期から成長初期まで)を中心とした海外スタートアップ企業
(5)投資実績:83社(2022年11月末現在)
(6)WebSite:https://msad.vc/
3.背景と目的
MS&ADベンチャーズの投資先やシリコンバレーで発掘したスタートアップ企業とグループ各社との協業により、新商品・サービスの開発や保険引受の高度化、新規ビジネスの創出等の事例は着実に増加している。
同社グループが今後も社会との共通価値を創造(CSV)し続けるためには、最先端のテクノロジーやアイデアを持つパートナーと連携し、保険の提供価値を新たなステージへと進展させる必要があることから、投資枠の拡大を通じてCVCの活動を強化することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

損保

MS&ADホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

MS&ADホールディングス、2024年3月期の剰余金を配当

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

損保

MS&ADホールディングス、「UNIVAS安全安心セミナー」に協賛

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

関連商品