新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

共栄火災、「クリスマス・チャリティ」を実施

共栄火災は、11月1日(火)から12月2日(金)までの間、西アフリカ・マリ共和国の難民支援を目的とした「クリスマス・チャリティ」を実施した。
「クリスマス・チャリティ」は、毎年クリスマスの時期に、社員の各家庭で不用になった衣類や薬、文房具、おもちゃなどの物品を持ち寄り、NGO「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通じて、西アフリカ・マリ共和国の難民キャンプに寄贈する活動である。
1993年に開始して以来、30年目を迎えるこの活動は、今年も多くの社員の賛同と協力を得て、また、共栄火災のOB・OG約1,000名が所属する「共栄旧友会」も加わって、全国から多数の物品が寄せられた。
例年、全国から寄せられた物品は、本社ビルで社員が一堂に会して仕分け作業を実施していたが、新型コロナウイルスの影響から、今年は全国の社員・関係者が各拠点で協力して物品の仕分けを行い、無事チャリティを実施することができた。
その結果、集まった物品の総数は12,591点、段ボール328箱分となり、12月23日(金)にマザーランド・アカデミー・インターナショナルに届けられる。
「クリスマス・チャリティ」では、集まった物品を日本から西アフリカに輸送するための募金も実施し、役員・社員や関連会社社員から818,468円が集まった。この募金に会社からのマッチング・ギフト409,234円と共栄旧友会からの募金462,331円を加え、募金総額は1,690,033円となった。
なお、今年の結果を含めた過去30年間の累計では、物品約27万点、物品輸送のための募金も約2,600万円となった。
同社は、この「クリスマス・チャリティ」の活動を、同じく西アフリカ・マリ共和国の難民支援を目的として毎年2月に実施する「“義理チョコ・あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金」とともに、国際貢献活動の2本柱として継続していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

関連商品