新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ損保、『スマイルランドのミツバチ~こころをつなぐ贈りもの~』絵本のお披露目会・贈呈式を12月7日を開催

アクサ損保(以下「アクサダイレクト」)は、入院を経験した子どものきょうだいが、家族をテーマにした絵本制作を通して、今よりもっと自身を大切に感じ、かけがえのない家族との絆を深めるきっかけになればとの思いを込めた絵本制作のワークショップを行い、完成した絵本『スマイルランドのミツバチ~こころをつなぐ贈りもの~』のお披露目会および贈呈式を2022年12月7日(水)にアクサダイレクト本社で行った。
アクサダイレクトは、「すべての人々のより良い未来のために。私たちはみなさんの大切なものを守ります。」というアクサグループのパーパス(存在意義)のもと、病気と闘う子どもたちやその家族の皆さまが心からの笑顔で過ごせるようにとの思いで、神奈川県立こども医療センターに入院している子どもたちに寄り添い勇気づけるファシリティドッグの支援を2018年から続けている。オリジナル絵本の制作は、同センターに勤務するファシリティドッグ「アニー」のオフィシャルスポンサー継続を機に2020年から行っている。『スマイルランドのミツバチ』シリーズ3作目となる本作は、入院を経験された子どもと一緒にいつもがんばっているきょうだいを作者に迎え、絵本制作を通して「あらためてご自身を大切に感じる」「かけがえのないご家族との絆を深める」きっかけになれば、という思いが込められている。
絵本は、認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズおよびNPO法人しぶたねの協力を得て制作した。
お披露目会および贈呈式は、絵本作者の4人の子どもたちとそのきょうだい、家族、横浜市南区にある神奈川県立こども医療センターとアクサダイレクト本社をオンラインで結び開催した。まず、同社の佐伯美奈子CEOよりファシリティドッグを派遣するシャイン・オン!キッズ事務局長ニーリー美穂氏へ、絵本20冊とファシリティドッグ「アニー」のぬいぐるみ500体、手書きのメッセージカード500枚が贈呈された。メッセージカードは、日本におけるアクサのメンバーカンパニーの社員らが1枚1枚心を込めて書いたものである。これらの贈呈品は、シャイン・オン!キッズを通して同センターに入院中の子どもたちへ12月末に手渡される予定である。
続いて、絵本作者の子どもたちとアクサダイレクト社員により『スマイルランドのミツバチ~こころをつなぐ贈りもの~』を朗読、子どもたちが、家族へのお手紙を読み上げる様子を、家族、病院関係者、アクサダイレクトの社員で温かく見守った。お披露目の最後には、家族から作者の子どもたちへのメッセージがサプライズとして披露され、絵本制作をきっかけに家族のこころをつなぐ瞬間となった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

関連商品