新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、経済産業省が定める「DX認定」を取得

あいおいニッセイ同和損保は、2022年9月のデジタルガバナンスコード改訂に伴い、経済産業省が定めるDX認定制度に基づいた「DX認定」を2022年12月1日に取得した。
1.認定制度の概要
・本認定制度※1は、デジタルガバナンスコード※2に沿った行動に踏み出し、ステークホルダーとの対話を通じて、デジタル技術による社会変化に対応していく準備が整った企業を経済産業大臣が認定するものである。
・本認定制度を通じて、ステークホルダーとの対話に積極的な企業を可視化することで、企業のデジタル変革を促す。
2.認定のポイント
・同社は中期経営計画において、2025年度までに「CSV×DX※3を通じてお客さま・地域・社会の未来を支えつづける」ことを目指している。この姿を実現するための基本戦略として 「CSV×DXの推進」を掲げ、その取り組みの一環として、テレマティクス※4商品の推進と拡販に加え、各種の部門横断プロジェクトにより、様々なデジタライゼーションに取り組んでいる。
・同社の中期経営計画における各種取り組みが、経営ビジョン・ビジネスモデル、戦略、成果指標、ガバナンス等の観点で経済産業省より評価された。
※3:最先端・独自の技術やデジタル・データの活用、特色あるパートナーとの協業により、お客さま・地域・社会が真に求める新たな価値を提供していくことで、国内外のあらゆる事業を通じて、お客さま・地域・社会とともに社会・地域課題の解決にグローバルに取り組むこと
※4:「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビやGPS等の車載器と移動体通信システムを利用して、様々な情報やサービスを提供する仕組み
3.今後の展開
同社は、今後も中期経営計画で目指す姿としている「CSV×DXを通じてお客さま・地域・社会の未来を支えつづける」ことの実現にむけて、先進性・多様性・地域密着を進展させ、CSV×DX推進に向けた取組みを迅速・柔軟・果敢にチャレンジし続ける。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、新スマート物流を展開する「株式会社エアロネクスト」と資本業務提携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

関連商品