新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、<公益財団法人三井住友海上福祉財団>2022年度の「研究助成」と「三井住友海上福祉財団賞」を決定

三井住友海上福祉財団は、2022年度の国内研究助成31件(応募総数120件)を決定し、11月24日(木)に贈呈式を開催する。
また、優れた著作・論文に対して授賞する「三井住友海上福祉財団賞」として、著作1点と論文1点を同日に表彰する。
同財団では「交通安全等部門」「高齢者福祉部門」の2部門で研究助成を実施しており、今年度は総額3,445万円を国内研究として助成する。海外(タイ・台湾)においても、8件の研究に対して助成し、国内外合計では助成件数39件、助成総額は3,938万円になる。
当財団設立以来の累計(国内外合計)では2,269件、25億4837万円となった。
1.2022年度贈呈式の概要
開催日時:2022年11月24日(木)15:30~18:00
開催場所:住友会館(港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー42階)
出席者:研究助成対象者・受賞者、内閣府、選考委員等合計43名
記念講演:(交通安全等分野)
「地方都市における戦略的な積雪対策に向けた交通および気象データの関係性」
富山大学 准教授 猪井博登氏
(高齢者福祉分野)
「これからの高齢者医療・福祉の課題:倫理的視点から」
東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻 医療倫理学分野 教授 赤林朗氏
2.主な研究助成・受賞テーマ
(1)研究助成
<交通安全等分野>全8件
※式典で目録を受領する代表者
「高齢者の公共交通乗り放題施策による交通行動・免許返納意識の変化」
東京理科大学 理工学部 土木工学科 助教 鈴木雄氏 他7件
<高齢者福祉分野>全23件
※式典で目録を受領する代表者
「CD45RBの発現亢進を介した加齢に伴うT細胞機能不全メカニズムの解明」
神戸医療産業都市推進機構 先端医療研究センター 免疫機構研究部 研究員 和久(仲島)由佳氏 他22件
(2)三井住友海上福祉財団賞
<交通安全等分野>論文1点
①財団賞 該当なし
②財団奨 励賞(副賞30万円)
「Inhibition of HDAC increases BDNF expression and promotes neuronal rewiringand functional recovery after brain injury.(ヒストンデアセチラーゼ阻害剤は、脳由来神経栄養因子BDNFの発現を増加し、外傷性脳損傷後の神経回路修復及び運動機能回復を促す)」
島根大学 医学部医学科教授 藤田幸氏
<高齢者福祉分野>著作1点
①財団賞(副賞50万円)
「Bioethics Across the Globe(地球をまたぐ生命倫理)」
東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻 医療倫理学分野 教授 赤林朗氏
②財団奨励賞 該当なし

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、台湾東部沖地震被災者支援で寄付

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育支援」2025年度支援対象者募集開始

生保

富国生命、福島県立郡山支援学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

共済生損

こくみん共済coop〈全労済〉、「令和6年能登半島地震」に義援金寄託

損保

イーデザイン損保、お客さまの安全運転結果に応じて寄付する活動“+まち”、お客さま投票による寄付先を発表

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】尾西信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

アニコム ホールディングス、【台湾東部沖地震におけるペット救援募金】167万円を寄付

協会・団体損保

SOMPO福祉財団、「第25回SOMPO福祉財団賞」受賞記念講演会とシンポジウムを開催

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】はくさん信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

関連商品