新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、横浜市金沢区富岡エリアにおいて「乗合型移送サービスとみおかーと実証実験(以下本実証実験)」を実施

あいおいニッセイ同和損保、京浜急行電鉄株式会社(以下京急電鉄)、横浜国立大学、横浜市、LocaliST株式会社(以下LocaliST)、神奈川トヨタ自動車株式会社(以下神奈川トヨタ)は、2022年12月2日(金)から1年間、横浜市金沢区富岡エリアにおいて「乗合型移送サービスとみおかーと実証実験(以下本実証実験)」を実施する。
京急電鉄、横浜国立大学および横浜市は、京急電鉄と横浜国立大学が締結した「産学連携の協力推進に係る協定」、横浜市と京急電鉄が締結した「京急沿線(横浜市南部地域)における公民連携のまちづくりの推進に関する協定書」に基づき、急勾配な坂道や狭あいな道路が多く、バス停や鉄道駅へのアクセスが容易でない地域があるなど、交通課題を抱えた同地区において、2018年から本実証実験を継続的に行い、地域に適した運行方式の検証を進めてきた。
今年度は5年目として本格運行に向け年間での需要の把握を行うため、過去4か年の実証実験結果を踏まえ、利用ニーズが集中している坂上の住宅地を中心としたルートを、2020年から継続の手挙げによる自由乗降方式での有償実証実験を行う。利用者の要望が多い夕方時間帯の運行拡大、定額制の導入、車両は乗降・室内移動がしやすいトヨタ製ノアウェルジョインの採用など、さらなる利便性の向上を図る。
今回の車両デザインは、京急電鉄と横浜市の連携協定の一環として2022年10月に実施した「富岡おかまちひろば」において、地域のみなさまで施したカーペイントイラストをもとにデザインした車両にて運行する。
また同時に、横浜国立大学とあいおいニッセイ同和損保では、共同研究として、徒歩や自転車などの移動でポイントが貯まる健康増進アプリを配信しており、獲得したポイントはカフェチェーン店やコンビニで利用できるクーポン券等と交換可能である。本アプリを通して取得する移動履歴などは、本実証実験による人の移動の変化を検証するために活用する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

関連商品