新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、代理店業務支援アプリ「モバイル!SOMPO」をリニューアル

損保ジャパンは、モバイルデバイス向け代理店システム「モバイル!SOMPO」に、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した、お客さまと代理店間の「チャット機能」などの新機能を開発し、9月に提供を開始した。
なお、「チャット機能」に関する仕組みについては、現在特許出願中である。
◆新機能の概要
「モバイル!SOMPO」は、代理店がいつでもどこでも、スマートフォンなどのモバイルデバイスで保険募集に必要な情報にアクセスし、迅速かつ高品質なお客さま対応を可能にすることで、お客さまの期待を上回る体験価値の提供を支援していく。
このたび追加する新機能の特徴は以下のとおりである。
(1)お客さまと代理店間の「チャット機能」
代理店システムに登録されているお客さまと代理店がチャットルームを開設し、メッセージや画像をやり取りすることができる。
お客さまは「LINE」を入口に、代理店とコンタクトをとることが可能である。生活インフラとして幅広く浸透している「LINE」を活用することで、お客さまにとって気軽で利便性の高いコミュニケーションの実現を目指す。
従来は、代理店がお客さまの要望により個人「LINE」で対応する場合、セキュリティの観点から個人情報のやり取りに懸念があったが、本チャット機能は万全なセキュリティ環境を構築しているため、車検証や保険証券といった個人情報についても送受信することが可能である。
(2)顧客情報照会
代理店システムに登録されているお客さまの情報を、代理店がモバイルデバイス上の「モバイル!SOMPO」から参照できる。代理店は外出先で顧客情報や契約情報を確認することができるため、営業活動中にお客さまから照会を受けた場合等も、場所を問わない迅速な顧客対応が可能になる。
12月頃には、顧客情報の編集、事故情報照会、契約情報照会等の機能追加を予定してる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

損保

損保ジャパン、ステーブルコインやデジタルウォレットに関連するWeb3領域のサイバーリスク対策においてみんなの銀行との共同検討を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

損保

損保ジャパン、宇宙保険特設サイトを開設

関連商品