新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、自動車サイバーセキュリティ対策の高度化に向けた実証実験を開始

三井住友海上、アルプスアルパイン株式会社(以下「アルプスアルパイン」)、Upstream Security Ltd.(以下「Upstream」)は、7月から脅威情報を活用し、自動車サイバーセキュリティ対策の高度化や新たな保険商品・サービスの研究・開発に向けて実証実験を開始した。
1.背景
アルプスアルパインと三井住友海上は、自動車の「曲がる・止まる」といった自動制御における自動運転技術が進展する中、サイバーセキュリティ対策の高度化について保険・リスクマネジメントを含め幅広い観点から意見交換を重ねてきた。
今般、論議の方向性を踏まえ、三井住友海上が出資・業務提携※したUpstreamの持つ自動車向けサイバーセキュリティに関するノウハウを活用し、対策の高度化に向けて3社共同で実証実験を進めることとなった。
※三井住友海上は2021年5月にコネクテッドカーに特化したソリューションを提供するイスラエルのスタートアップ企業Upstreamに出資し、業務提携した。
2.実証実験概要
アルプスアルパインが製造する車載関連製品について、Upstreamを通じてディープウェブやダークウェブ、オープンソースから情報収集を行い、自動車サイバーセキュリティに関する脅威の実態や対策について調査・分析する。
会社名・実証実験の狙いと今後の取組
・アルプスアルパイン
自社製の車載関連製品における脅威の実態を把握することを通じて、自動車サイバーセキュリティ対策を高度化する。
・三井住友海上
サイバーセキュリティに関する保険商品の高度化、お客さまのサイバーセキュリティ対策ニーズを補完するサービスの研究・開発をグループ一体となって進める。
・Upstream
日本市場における自動車サイバーセキュリティの現状を理解し、新たなソリューション開発に役立てる。

 

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

関連商品