新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、インパクトサークルが資本業務提携を締結

三井住友海上とインパクトサークル株式会社は、就業機会の創出や生活水準向上等の社会的インパクトを創出する、金融包摂型インパクトファイナンス※1サービスの提供に向け、資本業務提携契約※2を締結した。
両社は、より多くの方々がローン・リース等の金融サービスを利用して就業できる環境構築を目指し、2022年度中にサービス提供を開始する予定である。
※1:金融包摂型:全ての人々が経済活動のチャンスを捉えるため、また経済的に不安定な状況を軽減するために必要とされる金融サービスにアクセスでき、またそれを利用できる状況。
インパクトファイナンス:社会的インパクトを創出する意図をもって、また本インパクトを評価・可視化し、開示することを前提に提供する金融サービス。
※2:三井住友海上を出資者および三井住友海上キャピタルを運営者とするMSデジタル投資事業有限責任組合から出資。
1.背景
日本およびアジア新興国において、与信審査を通過できず、仕事に必要となる車両等が準備できないことにより、就業が難しいという社会課題がある。
本課題の解決に向けて、三井住友海上の保険・審査モデル※3とインパクトサークルのファイナンスサービスを組み合わせることにより、個人の信用力を再評価し、就業を支援する金融サービスの提供を目指す。
※3:2022年5月6日ニュースリリース:信用力スコアリングサービス「個人向け自動車ローン等の審査モデル」構築
2.本サービスの概要
ローン等の金融サービスの利用が難しい方々に対し、従来の与信審査では評価されづらかった情報を加味した審査を行い、仕事に必要となる車両の購入を支援する金融サービスを提供する。
3.今後の展開
「人手不足に悩む企業」や「個人の就業・所得向上支援を行う団体」等と連携し、本サービスを活用した就業支援の仕組みづくりを行う。また、ファイナンスデータを蓄積することで、審査モデルの高度化を図り、より多くの方々が金融サービスを利用できる金融包摂型社会の実現に貢献する。
MS&ADインシュアランスグループ各社とも連携することで、より付加価値の高いサービスを多くの方々に届けていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

SOMPOホールディングス、RIZAPグループと資本業務提携契約を締結

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

関連商品