新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、シンガポールのインシュアテック企業bolttechとの資本業務提携

東京海上ホールディングスは、エンベデッド・インシュアランスのグローバル展開やデジタル完結による革新的な保険加入プロセスを実現させるため、エンベデッド・インシュアランス分野をテクノロジーでリードするインシュアテック企業bolttech Holdings Limited(以下「bolttech(ボルトテック)」)と資本業務提携契約を締結した。
◆今後の主な取り組み
東京海上グループはbolttechと協働し、主に以下の取り組みを検討していく。
①エンベデッド・インシュアランスの開発・提供
東京海上グループは、bolttechがもつノウハウと顧客基盤を活用して、新たなエンベデッド・インシュランスを開発していく。日本国内だけではなく、海外のeコマース事業者のプラットフォームなど、グローバルに様々なマーケットにおいて提供していく。
②デジタルプラットフォームの活用
東京海上グループは、迅速かつ柔軟にカスタイマイズ出来る bolttech のデジタルプラットフォームを活用して、デジタル完結型の新たな保険加入プロセスを構築する。同社の海外グループ会社などで活用を進め、オンライン上で加入できる商品ラインナップを拡充していく。
③ワランティ事業の展開
bolttechは、海外マーケットで家電や携帯のワランティ事業を展開しており、制度設計や業務オペレーションに関して高度なノウハウを保有している。東京海上グループはbolttechと協働し、アジアを中心にワランティ事業を展開していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

損保

東京海上ホールディングス、子会社の業務改善計画の進捗および改善状況を公表

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

損保

東京海上ホールディングス、「資産運用立国」の実現に向けた東京海上グループの取り組みについて

損保

東京海上ホールディングス、子会社の役員に対する譲渡制限付株式ユニット(RSU)によるRSU)による事後交付型株式報酬制度の導入

損保

東京海上ホールディングス、政策株式を売却へ

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得に係る事項を決定

損保

東京海上ホールディングス、剰余金の配当について発表

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

関連商品