新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、全国の福祉事業者に「送迎バス用置き去り事故防止ステッカー」を無料配布

あいおいニッセイ同和損保は、福祉事業者に対し2017年8月から累計約5万枚(月平均約820枚)の「送迎バス用置き去り事故防止ステッカー」を提供してきたが、今般、1か月間における請求が15,000枚を超えるなど、置き去り事故への関心度が急増していることを受け、全国の福祉事業者に対し改めてステッカーの無料配布を通じて置き去り事故の防止について注意喚起を行う。
◆背景・取り組み概要
9月5日、静岡県の認定こども園の送迎バス車内で、置き去りにされた園児が死亡するという大変痛ましい事件が発生した。送迎バスに園児が置き去りにされる事件は、昨年7月にも福岡県の保育園で起きており、5歳の園児が熱中症で亡くなっている。また、置き去り事故は保育施設に限らず介護施設や障がい者施設においても発生している。
同社は「地域密着」を行動指針に掲げ、400を超える連携協定先の地方公共団体とともに、福祉事業者に対して事故防止に関する研修会などを実施してきた。
また、送迎バスによる置き去り事故防止に向けて、すぐに取り組める対策の一つとして「置き去り事故防止ステッカー」を従来から無償で提供してきた。今回の事故を受け、1か月間における請求が15,000枚を超えるなど、福祉事業者の関心度も急増しており、送迎バスを所有する福祉事業者に対しもれなく注意喚起を促すため、新たに10,000枚のステッカーを用意した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

関連商品