新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、東京海上グループにおける2021年度「カーボン・ニュートラル」を達成

東京海上ホールディングスは、2021年度もグループ全体(国内・海外)の事業活動において「カーボン・ニュートラル」を達成し、2013年度から9年連続の達成となった。
東京海上グループでは、グループ全体(国内・海外)の環境負荷削減とカーボン・ニュートラル達成に向け、これまで(1)省エネ・エネルギー効率化、(2)マングローブ植林によるCO2吸収・固定、(3)自然エネルギーの利用(グリーン電力の調達等)、(4)カーボン・クレジット(排出権)の償却を推進してきた。
その結果、2021年度もグループ全体の事業活動において「カーボン・ニュートラル」を達成し、2013年度から9年連続の達成となった。
なお、同社子会社である東京海上日動火災保険株式会社(以下「東京海上日動」)は、2009年度以降、13年連続で国内の事業活動において「カーボン・ニュートラル」を達成している。
●対象範囲:同社および連結子会社(国内・海外)における事業活動全般
●結果:CO2排出量83,483トン<CO2吸収・固定量130,003トン

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、子会社の業務改善計画の進捗および改善状況を公表

損保

東京海上ホールディングス、「資産運用立国」の実現に向けた東京海上グループの取り組みについて

生保

東京海上日動あんしん生命、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

損保

東京海上ホールディングス、子会社の役員に対する譲渡制限付株式ユニット(RSU)によるRSU)による事後交付型株式報酬制度の導入

損保

東京海上ホールディングス、政策株式を売却へ

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得に係る事項を決定

損保

東京海上ホールディングス、剰余金の配当について発表

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況および取得を終了

損保

東京海上ホールディングス、企業のDX・AIビジネスを牽引するデジタル人材育成プログラムを拡充

損保

東京海上ホールディングス、「TNFDレポート2024」を発行

関連商品