新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、東日本大震災伝承活動に貢献する自動運転サービスの実証実験を実施

損保ジャパン、アイサンテクノロジー、復建調査設計、ティアフォー、KDDIの5社は、9月10日から高田松原津波復興祈念公園(岩手県陸前高田市)で来園者向け自動運転サービスの実証実験を実施する。本実証実験は、自動運転車を活用した東日本大震災伝承活動の実運用化に向け、サービス面および技術面の課題抽出を目的に実施する。5社は、本実証実験で長期間に渡ってお客さまに利用により得た知見を生かし、2023年度に一部エリア運行開始、2025年度に本格運行開始を目指す計画である。
なお、本実証実験は、岩手県陸前高田市より委託を受けて実施する。
高田松原津波復興祈念公園は、東日本大震災の津波による犠牲者への追悼などを目的とした復興祈念公園でである。復興のシンボルである「奇跡の一本松」や震災の脅威を伝える震災遺構「気仙中学校」などのさまざまな施設が130ヘクタールの広い敷地内に点在している。高田松原津波復興祈念公園は東西で約7kmの距離があり、徒歩ですべての施設を見学することは困難である。
本実証実験では、10人乗りの小型自動運転EVバスが、園内に点在する施設を巡る。
パークガイドも車両に同乗し、より効果的に震災における教訓の理解を促す環境を作る。5社は、EVバスの遠隔監視による自動運転を行い、公園内における走行環境の確認やサービス面での課題抽出を実施する。また、利用したお客さまを対象とした受容性調査も行う。
5社は自動運転車を活用し陸前高田市の震災伝承活動に貢献するとともに、将来的には自動運転車を陸前高田市内の公共交通などへ展開し、地域コミュニティ形成などの課題解決を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

関連商品