新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、JEPLANと資本業務提携~保険機能を活用したサーキュラーエコノミーの促進~

東京海上日動と株式会社JEPLANは、資源の循環を促す新しい保険商品・サービスの開発を目的とする資本業務提携契約を締結した。両社は、気候変動対策と経済活動を両立できるサーキュラーエコノミー(循環型経済)を促進するため、事故にあった商品を循環させ、持続可能な社会の実現に貢献することを目指す。
日本は、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロとするカーボンニュートラルを目指しており、その実現に向けてサーキュラーエコノミー※1への移行が不可欠となっている。
東京海上日動は損害保険会社として、事故に関する様々な情報が全国から集まっている。この損害保険会社ならではの機能を活かし、従来は廃棄されていた事故にあった商品を、東京海上日動が起点となって“循環”させることでサーキュラーエコノミーを促進し、脱炭素社会の実現に向けた新たなエコシステムを構築することを目指している。
このような中、東京海上日動は、循環性の高いビジネスモデルへの移行と新しい保険商品・サービスの開発に向けて、独自のケミカルリサイクル技術(BRING Technology TM)※2 をもち、衣料品やペットボトル等の回収・リサイクルプロジェクトの企画・運営を推進する JEPLAN と資本業務提携契約を締結した。これまで廃棄されていた資源を循環させるという新たな選択肢を提案し、気候変動問題という社会課題の解決に貢献していく。
※1 サーキュラーエコノミー:従来の3R(Reduce・Reuse・Recycle)の取り組みに加え、製品・素材・資源の価値を長く維持し、廃棄物の発生を最小限にしながら、再利用や再製品化を通じて付加価値を生み出す経済活動。
※2 BRING Technology TM: PET(ポリエチレンテレフタレート)を対象にした独自のケミカルリサイクル技術であり、不純物が多く難易度の高い「不要となったポリエステル素材の服から服を作る」ことや、「使用済みのペットボトルからペットボトルを作る」ことが可能。
■取り組みの主な内容
両社は今回の提携により、主に以下の取り組みを進めていく。
1.新たな保険商品・サービスの開発
“保険があるから循環できる”という社会を目指し、従来は廃棄されていた事故にあった繊維製品やペットボトル飲料商品について、廃棄ではなくリサイクルにする際のリサイクル費用や回収物流費用等を補償する保険商品を開発・展開する。資源循環に保険を活用してファイナンス面で支えるとともに、事故にあった商品の回収を行う回収物流網の構築を進めることで、サーキュラーエコノミーへの移行を促進する。
2.資源循環を促すエコシステムの構築
資源循環を促すエコシステムの構築に向けて実証実験を開始する。
【実証実験内容】
・ペットボトルのケミカルリサイクルを行うペットリファインテクノロジー株式会社(JEPLAN子会社)と連携し、東京海上日動のお客様を対象とした“事故にあったペットボトル飲料”の回収、新たなペットボトルへの循環を実施。
・東京海上日動社員を対象に“不要になった洋服”の回収、新たな洋服への再加工による循環を実施(トライアルで実施した4月~5月の2か月間で約 3470kg・294箱の回収を実施)。
今後、両社は、回収から再製品化までの資源循環サプライチェーンの情報を蓄積し、原材料・製品のトレーサビリティ※を確保する、「資源循環の見える化」を可能とするシステムの構築・提供などを通じて、新たなビジネスモデルの展開を目指していく。東京海上日動は、全国から事故情報が集まるという保険会社ならではの機能を生かし、保険会社起点でサーキュラーエコノミーへの移行を促進していく。
※ トレーサビリティ:原材料の調達から生産、消費または廃棄まで追跡可能な状態にすること。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、子会社の業務改善計画の進捗および改善状況を公表

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

東京海上日動、世界銀行グループMIGA(多数国間投資保証機関)とパートナーシップ協定を締結

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

東京海上日動、建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

東京海上日動、サイバーリスク評価の高度化ならびに企業のサイバーセキュリティ強化に向けたアマゾンウェブサービス(AWS)との技術連携

関連商品