新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、台湾のグループ会社がサイバー攻撃を受けたことが判明

SOMPOホールディングスは8月23日、台湾にあるグループ会社の SOMPO Taiwan Brokers Co., Ltd.(以下、「STB」)が、サイバー攻撃を受けたことが判明したと発表した。
STBでは、本件攻撃の判明後、直ちにネットワークの遮断措置等を講じて被害の拡大を防止し、各種システムの利用を停止するとともに、現地行政機関・捜査当局・ブローカー協会に対して必要な報告および届出を行っている。
本件を受けSOMPOホールディングスグループでは、被害内容の特定に努めている。現時点において、お客さまの情報、同社グループの機密情報等の流出は確認されていないが、情報流出の有無および範囲の特定には専門的な分析が必要なことから、引き続き、外部の専門機関と協力して調査を進めていく。また、本件攻撃は STBに限定されており、同社グループの他の会社に影響はないとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

損保

SOMPOホールディングス、RIZAPグループと資本業務提携契約を締結

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

損保

SOMPOホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

SOMPOホールディングス、2024年3月期決算を発表

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「介護現場におけるテクノロジーの効果的活用のための評価手法検討委員会」最終報告書を公表

関連商品