新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、石川県小松市における2大交通拠点をつなぐ自動運転バスの導入に向けた連携協定を締結

損保ジャパン、石川県小松市、BOLDLY株式会社、株式会社ティアフォー、アイサンテクノロジー株式会社の5者は、令和6年に予定される北陸新幹線小松駅開業に合わせ、JR小松駅・小松空港間のさらなるアクセス向上を図るため、自動運転バスの定常運行の社会実装を軸とした連携協定を、令和4年8月3日に締結した。
1.協定締結の趣旨
令和6年の北陸新幹線小松駅開業により、小松市は国際空港小松空港と新幹線小松駅を有する拠点都市へと成長する。
小松市が社会実装を目指す「自動運転バス」は、これら2大交通拠点を快適かつスムーズにつなぎ、来訪者の利便性を向上させるとともに、まちなかへの人の流れを拡大させ、地域全体の発展を支える新時代の交通システムとしての機能を担っていく。
今後、未来技術である「自動運転」の実装に向けて取り組むにあたり、小松市及び各分野において我が国有数の技術・ノウハウ・実績を有する企業らの連携による強力な体制のもと事業を推進することを目的に、本連携協定を締結した。
2.連携事項
(1)JR小松駅・小松空港間において、令和6年までに自動運転レベル2またはレベル3による自動運転バスの定常運行を開始するとともに、令和7年以降に自動運転レベル4での自動運転バスの定常運行の開始を目指すこと
(2)自動運転バスを活用した、新しいモビリティサービスの実用化に関すること
(3)情報提供及び広報活動に関すること
(4)その他前条の目的を達成するために必要な事業に関すること

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

損保

損保ジャパン、ステーブルコインやデジタルウォレットに関連するWeb3領域のサイバーリスク対策においてみんなの銀行との共同検討を開始

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

関連商品