シンニチ保険WEB

損保ジャパン、石川県小松市における2大交通拠点をつなぐ自動運転バスの導入に向けた連携協定を締結

損保ジャパン、石川県小松市、BOLDLY株式会社、株式会社ティアフォー、アイサンテクノロジー株式会社の5者は、令和6年に予定される北陸新幹線小松駅開業に合わせ、JR小松駅・小松空港間のさらなるアクセス向上を図るため、自動運転バスの定常運行の社会実装を軸とした連携協定を、令和4年8月3日に締結した。
1.協定締結の趣旨
令和6年の北陸新幹線小松駅開業により、小松市は国際空港小松空港と新幹線小松駅を有する拠点都市へと成長する。
小松市が社会実装を目指す「自動運転バス」は、これら2大交通拠点を快適かつスムーズにつなぎ、来訪者の利便性を向上させるとともに、まちなかへの人の流れを拡大させ、地域全体の発展を支える新時代の交通システムとしての機能を担っていく。
今後、未来技術である「自動運転」の実装に向けて取り組むにあたり、小松市及び各分野において我が国有数の技術・ノウハウ・実績を有する企業らの連携による強力な体制のもと事業を推進することを目的に、本連携協定を締結した。
2.連携事項
(1)JR小松駅・小松空港間において、令和6年までに自動運転レベル2またはレベル3による自動運転バスの定常運行を開始するとともに、令和7年以降に自動運転レベル4での自動運転バスの定常運行の開始を目指すこと
(2)自動運転バスを活用した、新しいモビリティサービスの実用化に関すること
(3)情報提供及び広報活動に関すること
(4)その他前条の目的を達成するために必要な事業に関すること

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

損保ジャパン、Space BD宇宙産業の発展を目的とした包括協力協定を締結

損保

損保ジャパン、亀岡市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、人材育成体系の抜本的な見直し

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

損保

損保ジャパン、無人自動走行ロボットによる移動販売サービスの実証実験を支援

生保

メットライフ生命、長崎市とフードドライブを実施

損保

損保ジャパン、デジタル技術導入による保険契約審査事務の完全ペーパーレス処理を開始

損保

損保ジャパン、静岡中央銀行と『SDGs推進等に関する包括連携協定』締結

損保

損保ジャパン、【関西圏初展開】ZEV「IONIQ5」のグリーンカーシェアリングを大阪の梅田エリアで開始

関連商品