シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を発表

SOMPOホールディングスは、2022年5月20日開催の取締役会において決議した、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく自己株式の取得について、下記のとおり、取得状況(途中経過)を発表した。
1.取得した株式の種類  同社普通株式
2.取得した株式の総数  1,616,400株
3.株式の取得価額の総額  9,605,790,600円
4.取得期間(約定日ベース)  2022年6月1日~2022年6月30日
5.取得方法  東京証券取引所における市場買付
(参考)
1.2022年5月20日開催の取締役会における決議内容
(1)取得対象株式の種類  同社普通株式
(2)取得し得る株式の総数  16,000,000株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合4.66%)
(3)株式の取得価額の総額  58,000,000,000円(上限)
(4)取得期間  2022年6月1日~2022年11月17日
2.上記に基づき取得した自己株式の累計(2022年6月30日現在)
(1)取得した株式の総数  1,616,400株
(2)株式の取得価額の総額  9,605,790,600円

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

損保

SOMPOホールディングス、元スピードスケート日本代表 髙木菜那氏を新アンバサダーに起用

損保

SOMPOホールディングス、自動運転ソフトウェア開発のティアフォーへ100億円の追加出資を実施

関連商品